スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技③

注意

ここでは、命に関わるほどではないけれどわずらわしい症状の軽減法についてのみお伝えしています。
アナフィラキシーショックなどの重症で深刻なアレルギー反応については、専門の方にお問い合わせください。


花粉症とは、簡単に言うと、お体の誤作動、過剰反応の事です。

アレルゲンそのものよりも、体がビックリして騒ぎ立てることにより出てくる症状のほうがご自身にとってはわずらわしく、問題である、ということです。

なぜ、ありふれた物質に、それほどまでに大騒ぎするのかというと… 体や心や頭の使い過ぎで、ささいな事にもビクつくお体になってしまったから、というのが大半です。

ベストコンディションなのに、アナフィラキシーショックが起きるような重篤なアレルギー体質の方は、実はごく少数派なのです

ウラ技 その3
2月22日の記事「ウラ技その2」にも通じるところがありますが、長年現場にいて発見した傾向があります。それは…

人は、

「近づきたいけど、近づきたくない」等の葛藤がある時に、その分野を象徴する物質をアレルゲンとしがち。
(例)
 出生時のトラウマ、母や母性愛をくれる人との愛別離苦、一緒にいても心が遠い、保育器育ちで、母に近づくことはすなわち医療が受けられない、生命の危機につながる…等々、母性が欲しいのにジレンマやわだかまりがある人には、乳製品アレルギーの方が多くいらっしゃいます。

春の花粉症は、春に象徴されるチャレンジ、出会いと旅立ち、がんばり、等々に自分は耐えられないのではないか、と思っているときに起こりやすいです。実際、気力体力が低下しています。また、体がまだ冬モードで、気持ちばかりが先走ってしまう方も多いです。

(例)
 元気な人には到底信じられない話ですが…爛漫と咲き誇る花を見るのがつらくてたまらない、お花見が苦行、と思う人がいます。
また、新緑の勢いや青々と茂る草木に嫌悪感を覚えるという人も。

当院にも何人かいらっしゃいましたが…
生まれつき、又は、長引く過労で気力と生命力が落ちている、又は、生命力を蓄えておくべき冬の間に活動的になりすぎた方たちでした。

数十回の治療でやっと、桜や新緑を楽しめるようになられましたが…。なかには、数年かかりでやっと治った方もいらっしゃいました。

彼らいわく「無理やりせきたてられ、かりたてられる感じ」
「向こうの都合で動かされるような、休ませてもらえないような感じ」だそうです。

同時に、少し厳しい言い方になりますが…花粉症だけでなく、本当の意味で自分の為には生きていない、とか、自分で自分をごまかして創り上げてしまったマイナーな世界観を周りにも押しつけようとするというメンタル面の衰弱も併せ持っている方がほとんどでした。

こういった症状を持つ方たちも、徐々に元気を取り戻されて、過去、現在、未来が健全な形で結びつくようになるので、お役に立てるのが本当にうれしいです。自分自身との絆が強くなり、より幸せな毎日になってきます。

あるいは、花粉が植物の精子であることから、青春、恋愛や生殖、セクシュアリティー、セクハラすることされること、ジェンダーについてのわだかまりがある方も発症しやすいです。

また、①の際に、物質だけでなく状況もアレルゲンにしがち。一部のパニック障害や長引く不定愁訴はメンタルのアレルギー反応とも言える。そのジレンマが消化できれば治りやすい。
(例)
 中世ドイツの万能人、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンさん。学者として、女性修道院長として活躍されたこの女性は、神聖な神の意志を人間の世界に広める事を使命にしていました。それらが行きづまる度、体調をくずしていたそうです。

「ラインの女預言者」と呼ばれるほど、神からのメッセージを受け取る能力が高い方でした。

でも、当時その地域は今よりずっと男尊女卑や年功序列がまかり通っていたので、異端審問や魔女狩りに合わないためにも、若いうちはこの能力をあまり公表できませんでした。

歳を重ね、高い地位や貫禄を手に入れてから、メッセージを本にしたところ、不定愁訴が激減したとうです。

他にも、女性のための修道院を作りたい、との願いを斥けられたときに重い病気になり、認められたら回復した事もあったそうです。

(余談ながら、そして、勝手な想像ながら・・・
 女性が教育を受ける権利を求めて銃撃されてしまった女性(マララ・ユスフザイさん)は、ヒルデガル  ト・フォン・ビンゲンの生まれ変わりなのかもしれない、とすら思いました)

使命を果たしたいけれど、身の危険もあることなので、慎重に。でも、早く実現させたい…というジレンマや生命エネルギーの便秘が生んだ不定愁訴だったのではないか、と推測されます。

内心嫌がっているのに好きなふりをしている物事や状況があれば、その分野でケガをしがち
(例)
 他者を守り慈しむよりも、自分を押し出しチャレンジしたり、切磋琢磨したい女性が、意にそわぬ穏やかすぎる仕事に就いて労災。

昔は、女性は子供や弱者を守るサポート的な仕事に就くべきだ、という決めつけが今よりずっとありました。

子供に関わるお仕事が明らかに合っていないな…という、当院の患者さんもその一人でした。

後に、子供に怪我をさせられて、違う部署に配置換えになったとお聞きした時は、不謹慎ですが、ホッと胸をなで下ろしました。やっと、有り余るガッツやチャレンジ、スピード、パワー、創造性を自身が発揮する現場に行けたのです。

と同時に、人生や本音は、本質とか真実に向かうためならば、なんでもするのだな~、と改めて深く学ぶことができました。

・・・等々です。

いずれも、人が正直に、自分らしく生きてゆきたいと、憧れ、もがくからこその症状です。

けなげで美しい、根源的な叫びです。

例外的に、叫び続けること自体にはまってしまい、いつまでたっても自分を治そうとしない方もゼロではありませんが…。大抵は、己や本音に向かい合い、行動に移すことで症状が激減します。

鍼灸やカウンセリングで、患者さんがどんどん自分らしく輝いていかれる様子はとても素晴らしいです。

このブログのサブタイトル
「心は体を築き、体は心を物語る」を、まさに地で行くお姿にやわらか堂もニコニコ顔になります。

おもしろいのは、触診や鍼をしつつ、話題が問題の核心に触れたり、近づいたりすると…お腹が
「キュルキュル―」と声を上げる事です。

まるで、お腹が

「そうそう、その通り!!それそれ!!」
「持ち主、よくぞ気付いてくれた、ビバ!!」
「鍼灸師さん、もっと詳しく言ってあげて!!持ち主が自覚できるように、もっとつっこんだ質問してあげて!!」

と主張しているかのようです。「お腹祭り」とでも名付けたくなります。
(この他にも、手足が急にウネウネ動いたり、息が深く吸えるようになったり、コリがゆるんだりもします)

この時、鍼灸師はまるで通訳兼調停者です。

この方の心と体と頭、または、本音と建前、表層と深層、右脳と左脳のそして五臓六腑のそれぞれの言い分を明らかにしたうえで、

「和解したほうが楽しいですよ~。お得ですよ~。あなた方が協力し合えば、大抵の事はできちゃうんですよ~。」

と働きかけるのです。統合を助けるお手伝いです。

このお腹の音は、ヒーラーさんのヒーリングがうまくいっている時にも出てくるそうです。

名著「スピリチュアル・ヒーリング」ベティ シャイン著にその記述を見つけて、連帯感を感じました。

そして、鍼も、正しい自己認識も、ヒーリングのエネルギーも、もとは同じ、愛なのだな~と、うっとり、かつワクワクしました。

みなさんも、ご自身のお腹の音をたっぷりと聞いてあげてくださいね!!

まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技④東洋医学での考え方総論

注意

ここでは、命に関わるほどではないけれどわずらわしい症状の軽減法についてのみお伝えしています。
アナフィラキシーショックなどの重症で深刻なアレルギー反応については、専門の方にお問い合わせください。


実は、東洋医学には、「花粉症」という病名はありません。「唯一の答え」とか「花粉症のツボ」、「花粉症の漢方薬」などというものもないのです。

ちなみに「風邪に葛根湯」というのも半分ウソです。風邪を引いてから治るまで、どの段階でどの薬を出すか、誤治をフォローする可能性までひっくるめて「傷塞論」という一冊の本になっていて、そこには数えきれないほどの沢山の処方名とか使い方が記載されています。

ただひたすら、目の前の患者さんの状態をチェックします。そのうえで、「この方の為にピッタリな治療法」を決定、実行します。

鍼灸師なら、ツボの選び方、組み合わせ方、鍼にするか灸にするか、どのようにするかを考えてまとめあげ、
漢方薬の先生なら数ある処方の中からしぼりこみます。

春の不快な症状を東洋医学的に診るとき、アレルゲンを見つけてどうこう、ではありません。患者さんの現状をひたすら重視します。

例をあげると…
例えば、六淫を受けてしまったのかもしれません。六淫とは、森羅万象のなかにあたりまえにあるものだけど、今回この患者さんにとってはキツすぎた自然現象を言います。風、寒、暑、湿、燥、熱(火)のことです。

例えば、だれでも持っている七つの感情のうち、いずれかが過剰になってしまったのかもしれません。怒、喜、憂、思、悲、恐、驚のことです。

例えば、飲食物の質、量、摂り方が間違っていたとか、過労や運動不足等、いわゆる生活習慣病があったのかもしれません。

例えば、怪我などの思わぬアクシデントがあったのかもしれません。

例えば、五臓六腑のパワーバランスが崩れ、ある器官とそのはたらきが強すぎたり弱すぎたりしたのかもしれません。

例えば、上記によって病を得て、水湿、痰飲、瘀血などの体を困らせる老廃物を生産ししてしまったのかもしれません。

東洋医学を学ぶには、人体について学ぶだけでは不十分で、森羅万象に対してもセンサーを持っている必要があります。

前置きが長くなりましたが、花粉症で出やすい症状の各論を東洋医学的に分類してみます。この分類法の良いところは、
● アレルゲンが特定できなくても
● アレルゲンの有無に関わらす
対応できることです

→ 「まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技⑤ 東洋医学での考え方、各論」に続く

まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技⑤東洋医学での考え方・各論

注意

ここでは、命に関わるほどではないけれどわずらわしい症状の軽減法についてのみお伝えしています。
アナフィラキシーショックなどの重症で深刻なアレルギー反応については、専門の方にお問い合わせください。


前述のように、花粉症という病気は東洋医学には無いのですが…
花粉症で出やすい症状と東洋医学から見た原因について挙げてみます。3月20日の記事④をふまえてからだと分かりやすいです。

鼻づまりの原因の代表的なもの
 1、風寒:風の邪と寒の邪によるもの
 2、風熱:風の邪と熱の邪によるもの
 3、肺経鬱熱:肺の経絡に風熱の邪がこもり、肺のはたらきを悪くする
 4、肝胆湿熱:肝臓胆のうに湿熱がこもり、頭部の症状を引き起こす
 5、肝臓両虚:肺の気が足りず、腎臓のうるおいが足りず鼻という器官の栄養と元気が不足している
  …等々です。

いかがでしょうか?

西洋医学に慣れ親しんだ人からすると、異次元とか新鮮な世界観かもしれません。

ちなみに、臓器の名称は東洋医学ならではの用語であり、西洋医学の臓器名ではありませんのでご注意ください。
同じ字を使っていても、意味するところはずいぶん違います。

鼻水の原因の代表的なもの
 1、風寒:風の邪と寒の邪によるもの
 2、風熱:風の邪と熱の邪によるもの
 3、湿熱:湿の邪と熱の邪によるもの
 4、燥熱:燥の邪と熱の邪によるもの
 5、気虚:気、特に肺の気が足りない。それゆえ体表面を守れない
 6、腎虚:腎臓の気が弱り、そこにあるべきものをあるべき場所に固定できなくなって垂れてくる
  …等々です。

のどのかゆみや痛みの原因の代表的なもの
 1、風寒:風の邪と寒の邪によるもの
 2、風熱:風の邪と熱の邪によるもの
 3、湿熱:湿の邪と熱の邪によるもの
 4、肺燥:肺が燥邪という外的要因にやられて乾き、はたらきが悪くなり弱る
 5、肺陰虚:肺が内側から弱りうるおいを無くしてしまい、はたらきが悪くなる
 
目のかゆみ、乾燥、異物感
 1、風熱:風の邪と熱の邪によるもの
 2、風寒:風の邪と寒の邪によるもの
 3、火盛:臓腑にこもった熱が目に悪影響を与えている
 4、肝血虚:目に栄養を与えている肝臓の血が足りず、目が弱る
 5、陰虚血虚:うるおいのもとや血などを消耗しすぎたり、よく作れなくなることによる
 6、燥熱傷津:燥の邪と熱の邪により乾燥し、津液(体液、うるおいのもと)を消耗してしまう
  …等々です。

現場では、原因が複数ある方やまれな原因をお持ちの方もいらっしゃるので、もっと深く細かく診ます。

→ 「まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技⑥ 東洋医学で治すには?鍼灸編」に続く

まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技⑥東洋医学で治すには?鍼灸編

注意

ここでは、命に関わるほどではないけれどわずらわしい症状の軽減法についてのみお伝えしています。
アナフィラキシーショックなどの重症で深刻なアレルギー反応については、専門の方にお問い合わせください。


花粉症を東洋医学で治す場合、鍼灸や漢方薬で述べたようなことを踏まえて、鍼灸、生薬の力を借りて、ケアさせて頂くのです。

鍼灸師の場合、治療家一人一人がオリジナリティに富んだケアをします。右半身と左半身、正中線に合わせて、約670以上のツボから選びます。ツボの組み合わせ、鍼か灸か、どのように、どれくらいの時間をかけるのかは千差万別です。

同じ師匠のもとで同時期、同程度学んだ弟子達でも、そのうち違うやり方をはじめます。

また、健康者であれば、一度に沢山の鍼を刺したままにしておき、灸も多用します。コンサートでいえば、オーケストラのようです。

視覚障害の方は、手の感度の高さを生かし、また、鍼の抜き忘れを防ぐためにも、鍼を手に持ったままで少ないツボ数でじっくり効かせます。刺して、操作、抜いて、を繰り返すのです。また、火事予防のためか、火を使うお灸はあまりされず、別の湿熱療法をされる方が多いです。ソロリサイタルのようです。
どちらもすばらしい方法です。

とはいえ、マニュアルのある流派もあります。
脈を診て、このタイプならこの組み合わせでこのように、と型が決定しています。

仮に、患者さんが遠くに引っ越しされても、同じ流派の鍼灸師を探せれば、大体同じケアを受けられますし、前のかかりつけと今のかかりつけの治療家が、この患者さんについて語るのもたやすいです。

また、この流派の良いところは、体調や症状をセルフチェックして言語化し、鍼灸師に伝えるのが困難な方にもケアできるということです。
やわらか堂の問診重視法も、沢山の患者さんに喜んで頂いているのですが…
子供や、今までが健康すぎて、症状を観察や説明をできない方、言葉が通じない方にも、かなり効くケアができるので、これはこれですばらしいと思います。

ただし、マニュアルといえまったく同じにはならない面もあります。
● そのマニュアル治療だけでは足りず、結局他のことも付け加えがちで、マニュアルの意味がない …とか
● 同じ患者さんを同じやり方で診たとしても、腕の善し悪しで成果がまちまちで予測不可能 …等もありがちです。

→ 「まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技⑦ 東洋医学で治すには?漢方薬編」に続く

まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技⑦東洋医学で治すには?漢方薬編

注意

ここでは、命に関わるほどではないけれどわずらわしい症状の軽減法についてのみお伝えしています。
アナフィラキシーショックなどの重症で深刻なアレルギー反応については、専門の方にお問い合わせください。


漢方薬の治療家の場合は、処方という共通言語があるので、どういう考えで何をするかについて治療家同士がツーカーで会話できるメリットがあります。

「○○タイプの患者さんは○○湯」とか
「○○丸をお出ししてね」

と言いさえすれば、一瞬にして過去(見たて)、現在(決断)、未来(予測、起こりうること)が互いの頭の中でシンクロするので、いきなり調剤を始めてみたり、生薬を量っては袋につめたりできるのです。

1、患者さんがご自身について語ったであろう症状
    ↓
2、加えて、治療家が質問して聞き出した内容
    ↓
3、それをもとにしつつ、治療家が見たてたこと
    ↓
4、治療方針
    ↓
5、実際の治療
    ↓
6、どのように治りそうか。起こりうる経過と予後。リカバリーの方法
 (まれにある誤治についてと患者さん側の状況による良きにつけ悪しきにつけ思いがけない症状の変化、順当な回復  のプロセス等)
…等が互いに把握できます。治験例も書かれたまま読めば、素直に頭に入ってきます。

鍼灸も大体は同じではあるももの、    日の記事⑥ で述べたように、「5、実際の治療」がてんでばらばらなのです。その人だけの芸術性や職人芸といえば聞こえはいいのですが…

なので、漢方薬の先生にとっては、数ある処方の中から「これ!!」としぼりこむ能力が求められます。

ただし、これも、
● 工場でつくられた薬か
● どの製薬会社さんか
● 煎じ薬なのか
● 煎じでも、使用された生薬のグレードや量は?
● 服用法をきちんと指導できたのか
● そして患者さんはそれを実行できたのか
等で随分違ってくるのですが…

正しく処方を選べば、大抵の場合、情報と行為と結果に一貫性があります。

鍼灸も、漢方薬もどちらもすばらしい技術です。ぜひ、ピッタリのかかりつけを見つけて下さい!!

子供時代、思春期、成人後、妊娠出産、更年期、老年期、と皆さんの過去、現在、未来を想いつつ、治療をする気の合う治療院が探し出せますように!!

そして、やわらか堂も、なお一層、皆さんのお役に立つのだ!!とワクワクしながらイメージしました。

花粉よりも、春の歓びを楽しめる、心と体と思考になれますように!!
ご自愛くださいね!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。