チャリティとボランティア

チャリティについて、やわらか堂は、当日キャンセルの場合、キャンセル料を頂いていますが、それはなるべく、寄付や募金にあてています。


ボランティアをしようと思い立ちました。当時の気力、体力、時間のゆとりなどから...

  • 今ある資格や技術でできる範囲で

  • 互いの状況により、回数は自由に

  • 出向くのではなく来て頂く

  • 直接ではなく間接的に、今の自分のわずから力で最大の効果を上げるには?

と問い、人助けやボランティアの技術をすでにお持ちで、実践されている方のバクアップをするという結論に。これなら当方も、先方も、先方のサービスを受ける方達も、ゆとりができます。関わる人すべてが幸せであるように、幸せが広がるように、と考えました。

現在、定期的に、子供のためのNPOのスタッフにご来院頂き、鍼灸をプレゼント中。

もともと優秀で、働き者の方でしたが、さらにパワーアップ!

今では大切な友人となり「私の分まで、子供達のために、馬車馬のように働いてくださいね」と軽口をたたく間柄に。

単発で、農場を営み、教えている女性とご身内、農業ボランティアの方に指圧をプレゼント。ここでも沢山の絆が生まれ、前述の友人も一緒に交流が続いています。

裏方さんにこそ華を

現場の人間と違い、このブログの作成者や、おそうじをお願いした人等、裏方スタッフは、皆様のお帰りの際の幸せな笑顔を拝見することができません。

そこで・・・代わりと言ってはなんですが、皆様から、おほめの言葉を頂いた場合、

彼らに「一ほめ100円」のボーナスを支給しています。

何か、「良いところ」がありましたら、ぜひ、教えてください!!もちろん、もしもお気づきの点がありましたら、できる範囲で改善してゆきますのでこちらもよろしくお願いいたします。

裏方さんにサプライズ!!

以前、バイトさんが夢につながるフルタイムの仕事先が見つかった、と喜んでいた時のことです。

「鍼灸院に飾る花が、最近マンネリ化してるから、あなたの趣味で花束買ってきて」と頼みました。美しいおつかいに、いそいそと出掛け、楽しそうに帰ってきました。そのタイミングで「実は、就職祝い」と伝えた時のあの笑顔は忘れられません。クラッカーを用意し忘れた事が悔やまれました。写真も撮ってあげればよかった。とは言え、日常のささやかなイベントを提供できて、本当に嬉しかったです。

悩んだ挙句、ピントのずれたものを贈って、二人ともがっかりという事態を回避できました。

リヴォルヴさんありがとう!!①

つくばに、子供達の為の志高いNPO「リヴォルヴ学校教育研究所」があります。

  • 様々な理由で、一般的なシステムに適応できずにいる子供達の為のフリースクール「ライズ学園」の運営
  • 脳の情報処理や読み書き困難について熟考し研究したうえでのテキスト作成「森の教材館ナマビィ」
  • 子供達と父兄の為の各種イベント
  • 生徒が本来所属している学校と協力しあい、その子がライズでも学校でも世の中でも輝けるようにサポート
等々、すばらしい活動をいくつもされています。

鍼灸院の患者さんと、ライズ学園の生徒さんは「中くらいの、もしくは世間から理解されにくい困り方」をされているという点で似ている、と、よく代表の小野村先生や、スタッフと語り合い、共感しあっています。

どちらも、
  • 生死に関わるシリアスなものではないので、注目やいたわりがあまりもらえない
  • そもそも人々に認識されにくい病理や症状、コンディションである。本人、身内、周りの人はとてもつらいのに、見過ごされ、誤解されがち。
という点で同じなので「我々の仕事はどちらも、価値あるすきま産業ですね!!一隅を光と愛とで照らしましょう!!」と申し上げた事もありました。

そして、この度、リヴォルヴさんのホームページに、なんと無料で!!バナー広告を出していただけることに →②に続く

リヴォルヴさんありがとう②

この度、リヴォルヴ学校教育研究所のホームページにバナー広告を無料で出して頂く事になりました。代表とスタッフの方にボランティアで鍼灸をプレゼントさせて頂いたのがきっかけです。今年8月で4年目になりました。

代表の小野村先生は、ある日突然、「うちという一団体から何人もして頂いては申し訳無い。部下一人分は今まで通り(無料)だと助かりますが、甘えすぎてはいけないから、自分は今後はお支払い致します」とかっこいい発言を!!

今時、もらえるだけもらおうとするガツガツした人もいる中、高原のそよ風のようでした!!
また聞きですが、、、、企業の人にとって、NPOが寄付や助成金を頼みこんでくる時のすさまじさは(それだけ必死なのだから)と分っていてもとてもプレッシャーなのだそうです。

でも、リヴォルヴさんは、そういう「ふるまい」とは明らかに一線を画した誇り高い、奥ゆかしいNPOだと思います。

ごく、たまにですが、、、、手に職を持つ人達は、努力して費用もかけて得た技術と知恵を都合良くつまみ食いされてしまいがっかりする事もあります。

その一方で、リヴォルヴさんのように、こちらからご提案して、させて頂いているボランティアに対し、予想外の支払いや、広告というチャンスをプレゼントして下さる方達がいらっしゃいます!!

この世界は善意にあふれる人がいっぱいいて、しかも私はそういう方々に恵まれ、愛されているなあ!!ありがたい事です!!と感謝感激でした。
リヴォルヴさん、本当にありがとうございました!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事