FC2ブログ

ガンに鍼灸、東洋医学 ⑦

「筆、走る!!一人のためにがみんなのために!!」

アーティストさん達は、よくこんなことをおっしゃいます。

「もちろん沢山の人に向けて伝えたいけれど…実際の創作中は、あえて具体的なだれか一人のために、ささげてみるつもりで作った方が、結局はみんなが喜ぶ良いものになることもよくある」

これ、本当に分かります。
ある患者さんが集団検診で影が見つかり、要再検査になりました。
幸い精密検査で、(お医者さんとしてはもちろん、断言できないものの)おそらく大丈夫、シリアスなものではなさそう、と分かったそうです!!

この一連の出来事の間、この記事へのモチベーションが更に高まりました。

(より詳しく調べ、より鮮やかに思い出し、その上でまとめ上げたい…この記事の読者さんのためにはもちろんのこと、この常連さんのためにも!!)

また、この方にとってリアリティあふれる役立つ文にするには??
と考えれば、文体にもボキャブラリーにもまとまりが出ます。
なにしろこちらも(古今東西の医学、老若男女のエピソードや見解、まじめに気高く書くか、くだけて俗っぽく書くか…どうしたらいいんだ~!!)と、ジタバタしながらの執筆です。方向性のヒントになる物事は正直ありがたいものです。
影が発覚し、大丈夫と分かるまでの間、悩みぬいたこの方には本当に申し訳ないのですが、背中を押されたようでした。
この方のためにも、この方の出来事を踏まえて、
役立つ、いい内容にしたいものです。

実際、この件以来この記事について調べたり、考察する度に、何か豊かで優しい、広大無辺の愛とか光のようなエネルギーにつながるような気がします。また、美しい音や音楽が連想されたり、湧いて出るようなこともありました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事