FC2ブログ

「鍼灸にかかれば、あなたのなかから猛暑が消える!?」②

前回の続きです。

また別の方は…
「周りの人達が『暑い、今年は猛暑だ』とバテているけれど、私はいつもの夏くらいにしか感じずにすんでいます」
とのことです。
この方は今年4月、長年慣れ親しんだ仕事場を離れ、移動になり、もう一度ゼロから覚えるというハードな状況でした。
しかも、通常業務に加えて、もともと苦手で、好きでもない分野の係まで任され、休日出勤等もされていますが、どんどん適応されています。加えてこの猛暑なのですが…

「(大きな変化や、義務が増しても)元気になったので乗り越えられます」
「(万感の想いを込めて)体力がついたので…、頑張れています。体力ですねえ、やっぱり…」

…というのが、ここ最近、この方と盛り上がっている話題です。
3年前の初診のころは、長年の過労が累積し、かなり虚弱になられていました。
鍼灸の効果や体力も、ザルで水を汲むように、すぐに消えてしまっていました。

それでも、この方は、体力作りや自己管理も仕事のうち、という、非常に高いプロ意識から、週1回欠かさずに、必要とあらばその都度増やされて、今のコンデションを築き上げました。

今では、体力貯金とでも言うべきスタミナを貯えられ、更に、自然治癒力が増して、軽い症状なら自力で治せるようになりました。
おめでとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事