スポーツ鍼灸(モータースポーツ編)

モータースポーツをたしなまれる方のお話しです。ベテランなのですが、最近、記録が伸び悩んでいたそうです。技術も経験もつみ上げてきているのに、あと一声、のチャレンジができず、じれったい。しかも、明日練習に行く、というタイミングでのご来院でした。

その日は幸い、お体のメンテナンスの為の、ご利用で、これといって気になる自覚症状がありませんでした。なので、、、「『スポーツ鍼灸の日』にしませんか?腎臓の疲れによって、用心深くなりすぎていて、チャレンジの妨げになっているようです。不必要な恐怖心をやわらげる為の鍼灸はいかがですか?健全な用心深さはちゃんと残るので、大丈夫ですよ。」等のご提案を。
  • 恐怖心や足腰と関係の深い腎臓と
  • 視力や、あらゆるスポーツに必要な身体能力を高める肝臓を
サポートするツボに集中ケアを。五臓のうち、残りの3つにまつわるツボは、今回はあまり触りませんでした。

その結果、、、奥様からお聞きしたところによると「絶好調の頃と同じコンデションになった!!」との事でした。それも、とても楽しみながらだったそうです。

もちろん、これまで、その方が修行を積んできたからこそ、良いタイムが出せるのですが、鍼灸でこころと体をベストコンディションに回復させるお手伝いは出来たと思います。

また、お体のあちこちや、五臓のうちの弱点は助け、長所はさらに伸ばす事で、効率良く練習できたり、試合を楽しんだりできると思います。その結果、記録も伸びると思います。

後に、ご自身から聞いたところによると、「今まで、理性がはたらきすぎて押さえこんでしまい、できなかった事ができるようになった。自己ベストを出せた」とのことでした。良かったです!!

余談ながら、メカ嫌いの私でも、間接的にお役にたてるのだ!!モータースポーツなんて、最も縁のない分野なのに!!人間、どこでどんなふうに、いつのまにか参加しているか分らないなあ、と感無量でした。

鍼灸の効果は、数字で表せるとはかぎらず、鍼灸師がじれったい気持ちになる事も。そんななか、記録という、具体的な数字が向上したというエピソードはとても嬉しいものでした。ご提供と、ブログに使用する許可をありがとうございました!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事