「花粉症対策 鍼灸院発 発症時は甘やかし大作戦」 ④

前回の続きです。

今回は… なぜ発症部位や症状が人によって違うのか、あるいは同じ患者さんでも、その年によって症状や部位が変わるのか、です。

目の人、鼻の人、のどの人、コリや痛みの人、だるい人、かゆい人、ふさがる人、流れる人、皮膚や粘膜が荒れる人…と言うまでもなく様々ですよね?

実はこれは、五臓のどれが弱いか強いかで、分類も説明もできるのです。

また、思いがけない部位と部位が連動して、まるでモグラたたきのように、どちらかが良くなると別のところが悪化する、ということもあります。

鍼灸師はこれらのことを見極めて、どのツボに何をするのか決定します。

もしも、みなさんのお体のうち…

五臓六腑でいう肝、胆に過不足があれば… もともと春は、肝、胆の季節なので、
・気持ちも体も力みすぎたり怒りっぽくなったり、前のめりになりがち(そのくせ焦る割には、はかどらない)
・目にちなんだ症状(かゆみ、つかれ、痛み、目やに、乾燥など)
・こめかみを含む側頭部やうなじを含む後頭部~首のななめうしろのコリや痛み、そのあたりの白髪が増えやすくなる等
・肋骨の下が張ってうっとおしかったり、呼吸しづらい
・背部、胴体の真ん中くらいの高さのコリや張り、痛みなど(女性ならブラジャーのホックあたりから、やや下にかけての高さの筋肉くらい。)または、肋骨や背骨がずれたようなおさまりが悪いような感じ。

…等々がおこりがちです。

五臓六腑でいう肺・大腸に過不足があれば…
・咳やくしゃみ、鼻水、鼻づまりかゆみ、痛みなど(鼻~のど~気管~気管支~肺にかけての何か)
・体表面(皮膚、頭皮)が、うすら寒かったり暑がりになったり、外部からの刺激に弱くなる。荒れる。痛かったり、かゆかったり。
・大腸が弱くなる(下る、痛くなる)
・わけもなく、または些細なことや思いがけないことで涙もろくなったり、むなしくなる。
…等々が起こりがちです。

肺は、皮膚や大腸とリンクしていて、同時によくなることもあれば、モグラたたきゲームのように、あちらをたてればこちらがたたず、ということもあります。

また、肝、胆、肺、大腸ほどわかりやすい症状ではないものの、脾、胃も間接的に花粉症と関りがあります。
次号でご説明させていただきます。併せてどうぞ!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事