通りすがりのヴィーナス

何か小粋な、女性向け映画のようなタイトルですが、全然そんな事はありません。でも、いい話です。場所は、セルフのガソリンスタンド。4月末の、日中の暖かさとはうって変った、寒風の吹きすさぶ、夜10:00前でした。

めったに無い事ですが、うかつにも、燃料切れ寸前のランプをつけてしまいました。行きつけの、人のいる店は閉店後だったので、機械が苦手の私には、お化け屋敷よりもよっぽど怖い、セルフのガソリンスタンド初挑戦でした。(ちなみに、このブログも、パソコンに触らずにすむように、鍼灸の料金と引きかえに、打ち込んでもらっています。ありがとう!!)

訳の分らないボタンが、でっぱりが、ホースが、ゾロゾロ並び、当然、手順が分るはずもなく、一瞬にして、(無理!!)と思ってしまいました。あたりを見まわすと、優しそうなお姉さんが!!さっそく近づいて、お声をかけてみることに。

内心、(このまま教えて欲しいな)と思いつつ、(お引きとめしたら悪いな)と考え、ひねり出したセリフは、「初めてなので、お店の人に聞きたいのですが、どこに行けばいいでしょうか?」という、腰の引けたものでした。でも察しの良いお姉さんは、手近の機械を指し示し、説明してくれました!!「私も初めてのときは分らなかったから・・・」と、理解と思いやりにあふれた言葉をそえてです!!

そして、自分の車に戻り、ドキドキしながら実行しかけた私に、すごい助け舟が!!なんと、帰ったとばかり思っていた、さっきのお姉さんが、わざわざ来て下さり、結局、つきっきりで、教えてくれました!!とても優しく、絶妙なタイミングで、次にする事を話してくれる方でした。せかされる感じとか、単にまどろっこしい感じは一切無く、自分が「機械が苦手で、セルフが初めて」という事実などすっかり忘れてしまいました。偉大な教師と、優れたサービススタッフを兼ね備えたような方でした。

お姉さんは、ドアからドアへの途中、自分の分をササッと入れて出発するつもりだったらしく、とても薄着でした。それなのに、ずっと、付き添ってくれていました。その心意気が嬉しく、また、お体が心配でもあり、たまたま持っていた、貼る温灸をプレゼントし、一緒にやわらか堂のチラシをお渡ししました。そして、偶然か、それとも見守ってくれていたのか、お姉さんがガソリンスタンドを出たのは、私が出発した後でした。

(親切な人に会えて、良かった!!)と、信号待ちをしつつ、振り返ると、さっきまでは気付かなかったシェルのマークが!!貝殻といえば、ヴィーナスのモチーフ!!ビーナスのお引き合わせだ!!と感謝感激でした。

ヴィーナスが存在するのは何も、天空や海や、見知らぬ大地にばかりではなく......一人一人のこころの中に、時には通りすがりのお姉さんの中に、見出すことができるのだ!!と実感できたひとときでした。

同時に、「ネタをあげるから、早く原稿書きましょうね?」とヴィーナスから背中を押されている気にもなりました。「はい!!」
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事