FC2ブログ

「花粉症対策 鍼灸院発 発症時は甘やかし大作戦」 ③

前回の続きです。

個人的な体験ですが…
私の場合、ひと冬の間なるべく断酒すると、その春の花粉症がとても楽でした。(お正月とかパーティーとか、おつまみにいい物を頂いたりした時は飲みました)
お酒は百薬の長ではありますが、それは、健康な人~半健康人くらいの方が適量飲んだ場合です。
弱っていたり、何か症状がある時は、悪いほうに働くことも多いです。
例えば、ビールは五性(熱、温、平、涼、寒という、体を温めるか冷やすかの基準)では、寒(かん)で体をかなり冷やすとされています。日本酒とワインは温で、やや温める。焼酎は熱でかなり温める。
…なのですが、
病んだり弱ったりしている時に飲むと、どんな種類のお酒でも、
・冷え性の人をさらに冷やしてしまい、
・熱のこもった人をさらに悪化させる
という傾向があります。
なので…、寒い時期に悪化する花粉症の人も、暖かくなってから悪化する人も、冬の間は酒量を減らすといいかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事