詩は文字で描く絵画・春の筑波山 ⑥

ある日、突然、つくば山がこの地に贈ってくれている恩寵を激しく認識できてしまいました。浮かんできたイメージから詩ができました。神聖な衝撃とでもいうべきひらめきでした。

紫峰 いさぎよく その名を脱ぎ捨て
緑陰に 命育み
苗を待つ あまたの水田に
分け隔てなく
美しき影を 幾たびも捧げ
惜し気なく
水面(みなも)に身を投げ出して
風に ゆらぎふるえ
人々の心をざわめかせ 瞳を幼児に戻す

天からの 高貴なる気を
招(を)きて抱き寄せ
地と人に 伝えふるまう
絶えざる豊穣を 導きそそぐ

在るがままに在りて 企てることもなく
何ら変哲なき平野を
まほろばに変えゆく
うるわしき つくばよ

臆することなく創作し、発表するのを、よく不思議がられます。
また、作品や幸運は、準備ができた人のところに降りて来るともよく言われます。
そこで、この詩のためにいつの間にかしていたのかもしれないことを、思いつくまま並べてみます。

どなたかの創造性発揮のご参考とか、お役に立てたら幸いです。



・・・とまあ、5月20日から、つらつらと書いてきましたが…

・どなたか、一人でも「自分もやってみよう!!」とか「そういえば、久しぶりにあれを再開してみようかな!!」とか、思ったり実行された方がいらしたら、本当に嬉しいです!!

自力で練り上げる創造性も、
表現されたがっている何か、を受け止めて形にする創造性も、
どちらも素晴らしいものです。誰でも持っている才能です。

楽しいことに、その人がすでにお持ちの技術でその人らしく表現できるのです。

私の場合は、前述のような様々な理由から、降りてきたものを受け止めまとめるのに、今回は詩という形をとりました。

ある人にとっては、機械を作ったり改良したりすることかもしれません。これは、私には無理なことです。機械音痴に加え、どんなに丁寧に扱ったとしても私の時だけはエラーとか、壊れたりします。なので、私にはメカ的なことは降りてもこず、思いつきもせず、形にもできません。

また、音楽が得意な人であれば、直接完成された曲がやってきたり、又は、良いインスピレーションを、ご自身の技量で音楽に変換できるかもしれません。
そして、楽譜にして残したり、即興で歌ったり、奏でたりできるかもしれません。これも私には難しいです。楽譜を読んだり書いたりができず、日本や世界の音楽の型を学んでいないからです。

ローマに行ったとき、小鳥のさえずりが派手で、延々と続き、ヴィヴァルディや、モンテヴェルディのにぎやかな曲そっくりで、びっくりしたり、膝を叩いた覚えがあります。

(西洋の、あのころの作曲家は、小鳥やその他の自然からインスピレーションを受けて、自分が既に手持ちの技法で表現したのかもしれない!!きっとそうだ!!そりゃあ、こんな陽気でど派手な自然に囲まれていたら、ああいう曲もできちゃうよねぇ~!!足を運んで理解できた!!これもまた、ゲニウス・ロキの表れだ!!)

と大いに喜んだのですが…
私が聞いても曲にはできずうらやみながら(きれいな音~!!)(小鳥さん頑張ってるな~、良いパートナー見つかるといいね!!うん、うん!!)と思うのが関の山でした。

でも…今回、筑波山を讃える詩を作れたので、調子に乗ったり野望を抱いたりしています。

(どこかの地方自治体とかから招かれて、市町村や観光地の歌の歌詞を作る仕事のご依頼とか来ないかな~、うふふ!!)
色に案内してもらったり、教えてもらったり、秘蔵の○○とか見せてもらったり、特産品を食べさせてもらったりするんだ~!!)

(このご時勢、どの自治体も大変だろうから、場合によっては、ギャラの代わりに名産品が一定期間送られてくる、というのもいいかも!!あたかもふるさと納税のご褒美のように!!)

と、まるで「勝手に観光協会」の、みうらじゅんさんと安斎肇さんと、やりくり上手な奥様を足して割ったような気分になりました。

皆さんも、ぜひ、始めたり、再開したりして、ご自身の想像力と創造性と仲良く遊んでくださいね!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事