東洋医学と風水は仲良しだけどちょっと違う ⑮

前回からの続きで…
・祈るだけでも。前述の江本勝さんの本によると、水辺で人々が祈るだけでも、かなり浄化され、結晶がきれいになったそうです。
・津波や洪水は、大自然の側からすれば土地を洗い清めるとか、豊かにするためのあたりまえのいとなみ、と分かっていても、やはり、人間にとっては恐ろしいし、困ることです。被害にあった人や家屋、環境の復興支援もおすすめです。
・水まわりをきれいにする。海や湖、川などのゴミ拾い、側溝そうじ。もちろん自宅も。私事ながら、店舗近くとはいえ、私はほとんど通らない所の側溝、本来管理の人がすべき側溝を(ついでだし、一緒にやってあげよう、もうひとふんばり!!)とか(池や小川をつくるつもりで!!)と、けなげにもそうじしていたら、臨時収入のお知らせのお電話をいただきました!!おそうじも、水も、本当に、開運パワーが強いと思います。
・洗剤も、質、量、ともに気をつけることができたらいいですね!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事