やわらか堂鍼灸院の春祭り GWのご案内 ②

<かかりかたのおすすめ>
GWにつかの間遊んでうっぷん晴らしをして、再びくたびれたストレスばかりの日常に戻る…を毎年繰り返してはいませんか?正直、GWの騒ぎ自体もストレスになってはいませんか?

逆説的ですが、GW等のまとまった休みに、集中してこころとからだとあたまのケアをたっぷりしておくと… なんと、日々の暮らしやいつもの仕事自体が、楽しみごとになってきます!!毎日が盆と正月、ゴールデンウイーク気分です。
仕事等、まじめできちんとすべき分野にも新風が吹きこまれ、遊びや趣味のように熱心に取り組めるので、かえってミスが減ったり、アイディアが出たり、楽に生産性が上がります。

家族経営のお店の奥様が、旦那さんのご病気で店をしばらくお休みする間、ずっとご来院されて、メキメキと丈夫になられて、今では、またご夫婦そろってお店をオープンされています!!

時間も費用もかかることですが、ご自身の生命のために気前よく「京都に旅行に行ったと思えば!」「結局得!」とおっしゃっていました。すごく賢く、本質を見極めるお力をお持ちの方でした。

また、「大きなプロジェクトの前に、体調を整えるのだ」、と9日間に7回通い詰めた方もいらっしゃいました。そのプロジェクトは大成功。後に、文部科学大臣賞を受賞されたそうです。

あの人、あの店の、成功の陰に、鍼灸有り。お役に立てて嬉しいです!!

また、話を戻すと、すでに毎日が楽しくて元気いっぱいになってから、更にそのうえ休日に遊んだら、それは、魂のお祭りのようにパワフルで、有意義、だと分かります。嫌なことから目をそらすためのごまかしやまぎらわしとしての遊びとは全然レベルが違います。もう二度と昔に戻りたいとは思われなくなるでしょう。

これ、本当ですよ!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事