ROSE is ROSE is ROSE

冬の間、ヴィーナスのアトリビュートの一つのバラにちなんだシンクロニシティが続きました。丁度、以下のような事について、つらつらと考えていた頃の事でした。
  • ヴィーナスの勝利
  • 同様に、バラをシンボルとする、聖母マリア等、神聖な女性達について
  • 彼女達の表現する女性性について。

  • 女性性のうち、現代女性が苦手とする、「感謝して受け取り、豊かに与える」について。遠慮しすぎと出し惜しみはイコールであり、結局、パッとしない毎日を産んでしまう事について。

  • 遠慮しすぎる理由について。
    (借りを作りたくない)という意固地さ
    (上位の私はいつでも、与える側)という傲慢さ。
    (弱みを見せる事になるかも)という不信感。
    (自分は、親切を受けるに値するだろうか?)という自己評価の低さ、、、、
    等について思いをめぐらせ、自分も他の女性達も、妙な思い込みから解放されて、自由に幸せであるように、と祈り
  • バラのハーブティーを買いそびれ、数か月。あ~飲みたい。
といった事です。
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事