東洋医学と風水は仲良しだけどちょっと違う ⑦

水にちなんだ作品や物事についてご紹介してきましたが…
詳しく説明しすぎて、なかなか次に進まない、また、鍼灸院のブログなのに、東洋医学や鍼についての話をほとんど書けていない、と愕然とし…
とても残念で、尻切れトンボ感がありますが、今後は簡潔にご紹介させて頂きますね!!(って書いたそばから長くなってしまってしまいましたが…)

もし、鍼を受けにいらしたら、回復のさまたげにならない範囲で喜んで詳しくお話しさせて頂きます!!

マンガ
かまたきみこ「深海蒐集人」

海面上昇で水没した様々な物事を人の想いごと引き上げるタイバー達のお話。水は様々な情報を記録し、伝えるとはよく言われることですが、それだけでなく、

感じ取ろうとする人の心があってこそ
感じるのが上手い人をサポートする人達の協力があってこそ

と、感心することしきり、でした。

この作者さんのすごいところは、ダイビング経験が一切ないのにこのマンガを描き上げたそうです。また、他のマンガでも、作中の会社名やイメージ、よく出てくるモチーフの形、色などが、どうしても浮かんできて離れなかったそうです。俗にいう「降りてきやすい人」なのかもしれませんね。

ご本人は「無意識の領域で演出を考えていたようです」と考察されていました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事