スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のメンタル東洋医学② 稲川淳二さんの功績 応用編!!

本格的に暑くなってきました。いかがお過ごしでしょうか。

前号で述べたように、夏の輝きに精神が刺激される季節です。
アイディアや夢を膨らませたり、やりかけのことを更にすてきな形で完成させたいと意気込んでいらっしゃる方も多いかと思います。
とはいえ、同時に、暑さにバテて(実行は冷涼な秋風のなかで)と、後回しを目論む人もまた多いかと思います。

結論から言うと、ぜひ、夏のアイディアは夏に実行しちゃってください!!

なぜなら、秋になれば確かに体力にはゆとりが生まれますが、夏ではないので、
・夏ならではのアイディアやインスピレーションをすっかり忘れ
・夏ならではの情熱もすっかり消え失せ
てしまうからです。

前号で示したような、夏に突出する心臓の美点や力を、夏のうちにご自分の中で輝かせ、生かし、何か実践したり、形にしちゃって下さい!!

もしも、これまでに才能が無い、とか、発揮できていない、とか、認めてもらえないとか、モヤモヤすることがあったとしたら…

あなたの手で、あなたの夏を実り多いものにして下さい、と切に願います。

とはいえ、夏は、暑さにやられこころもからだもあたまも楽しく弾けるけれど、燃え尽きやすいというのもまた真実です。

そんな時は、ぜひ、前号の「稲川淳二さんの功績」で述べたように、丁度良い怪談とか娯楽としてのちょっとした怖いことで、ほどよくクールダウンしたりして、せっかくの情熱をゆっくりと生産的に燃やして下さい。

そしてもちろん鍼灸もおすすめです。
夏もへっちゃらどころか、夏ならではのエネルギーを有効活用できます。

ある常連さんは
「猛暑が続いても、学生時代に戻ったかのようにクーラー無しで熟睡できて、ちゃんと疲れも取れるようになった」
「そして、日中は、仕事でも、プライベートでも、元気いっぱいに動けて、しかも回復も早い(少しの休憩の後も、一晩寝た後も、両方の意味で)」

とおっしゃっていました。

そして元気になればなるほど、
「クーラーはクーラーで、良いものだねえ、ありがたいねえ」と思え、
「外の暑さも、夏らしくって楽しいねえ」と思えます。

つまり、どっちにしてもハッピーで、どちらからも元気をもらえて蓄えられる自分になれるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。