2015年 鍼灸は働く女性の味方です!! ⑯

働く女性の書斎から ②

「サザエさんうちあけ話」

長谷川町子 朝日新聞社   文庫は「似たもの一家」と併せて一巻です。

栄えある第一弾は!!

ありふれた自己啓発本よりもよっぽど啓発されてしまう、長谷川町子さんの自伝マンガです。
突然、舞い込んできました。名著紹介を書こうと思いたったとたん、やわらか堂の常連さんがそれと知らずに貸してくださったのです。ありがたい偶然です!!

しかも、丁度同じく女性マンガ家のさきがけになった、別の方の伝記マンガ「フイチン再見」(これもいいです!!連載中です)の中にも、長谷川町子さんの名が出てくるので、気になっていたところだったのです!!

今の日本は一見平和で戦争も物不足もありません。それはそれで大切なことですが… のっぺりとして、自分の可能性を見て見ぬふりをして、低め安定とか、凡庸であろうとする気配があちこちにだだよっているようです。自分もたまにですがうっかりおちいってしまいます。そんなとき、この本は心に喝を入れてくれます。
戦中戦後の苦労はない方がいいに決まっていますが… 時代に負けず、波に乗り、痛快に破天荒に生きる長谷川ファミリーに何度も笑わされ、勇気づけられました。

働く女性の先駆けファミリーですが、愛されながら、世間の常識を軽々と打ち破っていきます。
頑強な信仰をお持ちのお母様が、神を信じきって、のるかそるかの一発勝負に挑戦してしまうのです。

次回につづく

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事