灸師なのにお灸女子に先を越されたモグサ作りを今!!

先日、実験植物園で、火や、昔の灯りについての企画があり、木とロープでできたシンプルな道具で火を起こせました。(といっても煙が出せたくらいですが…)

T字型の道具の中心軸をとらえ、ぶれないように、垂直に、下に向かって何度も力を入れました。
NEC_0306.jpg 

(軸を意識し、正しくぶれずにまっすぐに…、はまさに人体や人生と同じだ~。ぶれていたら、成果はとてもあげられないのだ~!!ビバ、火起こし!!)

NEC_0307.jpg
と行為と身体感覚と哲学が一つにまとまりいい気分でした。

もぐさも作れました。
NEC_0302.jpg
NEC_0305.jpg

干したヨモギを、すりばち(ここでは、100円ショップにでも売っていそうなミニサイズ)に入れてもんだり、こすったりして、緑の部分を取り除いたのがモグサです。
うっすらと黄色味がかった、白っぽい繊維だけになります。
NEC_0303.jpg

ちょっとのぞくだけのつもりが、思わずはまってしまいました。(チャッカマンやせんねん灸が無かった頃の同業者はすごいなぁ)と感動と尊敬の念でいっぱいになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事