「ヴィーナスの勝利」 その2

「ホッとする 男子トイレに おむつ台」
(のぞいた訳では、ありません!!)

山口県山陽小野田市は、男女共同参画に熱心です。毎年、「女と男(ひととひと)の一行詩」という公募で、シリアスなものから、コメディまで、男女平等の願いを込めた詩を募っています。

「ホッとする~」を応募したところ、優秀賞を頂きました。(5000円も賞金を!!)(デリケートな問題だから、選考委員さん達にも、色々思うところがあるかもしれない。選考会会場は、いわば地雷だらけ。。。まずは、委員さん達に、「ホッと」して頂きたいものです)と願って、この言葉を使いました。

実は女性の立場から、男性が協力的だったら嬉しい・・・と述べたつもりでした。でも、更に上をいく、好意的な評を頂きました。あせる新米パパがホッとする様子・・・ひねりが効いている・・・ユーモアがある・・・等々すごいです。まるで自分が、異性の大変さを我が事のように感じたうえで前向きに表現する、素敵な人にでもなったような気がしました。そうありたい!!

「時には、二匹目のドジョウも!!」
上記のエピソードを、「TRINITY」(トリニティ)という雑誌に送ったら、これまた採用されました。(商品券を頂きました!!)
許可を頂いたので、そのまま載せますと・・・

某市が主催する男女平等への思いや男女差別などを詠んだ一行詩に応募したところ、賞をいただきました。男子トイレにオムツ台があるのを見るとホッとする、という内容です。アイディアを練る時、不平等に腹を立てているといい作品にならなかったと思いますが、未来に対する希望や森羅万象への愛にフォーカスした途端、言葉がパーッと花開きました。初めのうちは辛口の風刺にしようかとも思ったのですが、結局は過去を恨み、現在をじわりと責めることになってしまう……と心を切り替えたことが功を奏しました。たくさんの人に真心が伝えられる幸せと、前向きな思考の勝利にうっとりしています。男女間で争う事が重要なのではなく、結局は自分の心の調和が世の中に平和をもたらすのだな、と実感する出来事でした。


著作権について、問い合わせをしたところ、どちらもとても親切で、感謝感激でした!!山陽小野田市市民活動推進課の皆様、TRINITYの皆様、本当にありがとうございました!!

性差については色々と言いたいこともある私ですが・・・
愛と理解と夢を選んだら、2回も、思い出とおこずかいが!!「こっちの方が楽しくて、得だよ」と世界から、ほめて伸ばす教育を受けたようで、いい気分でした。「ヴィーナスの勝利」を確信できました。
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事