スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地入り鍼灸ボランティアと視察。相馬仙台行きの記録とご報告⑤

~仮設住宅でセラピードックチロリとニアミスしていたらしい~
2013、H25 4/14(日)5:30~6:00
起床。いい天気。4Fなので、雪をかぶった蔵王連峰がよく見える。美しい。モーニングバイキングが充実。ありがたい。

7:00過ぎ ホテル出発
7:30 仙台東

9:00過ぎ 集会所着。予約が一人だけ。しかも夕方に。なので、時間が余る。
s-000018.jpg

隣の第6仮設で和太鼓、踊り、獅子舞、「四方固めの舞」
s-FH000005.jpg s-FH000001.jpg

s-FH000003.jpg


地面にペッタンコ。耳ヒョコヒョコちゃんと動く
s-FH000008.jpg

道化舞。ひよっとことおかめが近付いてはビクビク、で笑いをとる。
s-FH000009.jpg s-FH000010.jpg


9:30~4:00過ぎまで
・私の予約が少しだけなので、順番待ちの方や終っても立ち去りがたく待合所でくつろぐ方から、沢山お話をお聞きできた。久々に自宅に帰ると、我が家が廃墟になっている、家は人がいなくなったとたん、動物達が入り込んで荒れてしまう。

・家の中に牛フンが!!
・外の、カメの中で泳いでいた金魚は、動物達に水を飲まれてひからびてしまった
・イノブタに荒らされる
・ネズミがあちこちかじってしまう。思い出の品々も。(私は、ネズミは食料とそのまわりくらいしかかじらないのでは、と思っていた。ところが、歯を削る為、あらゆるところをかじるとのこと。中世ヨーロッパの人々もこんな気持ちだったのかも、と思いをはせる)
・また、タンスの中の隠し扉でネズミが巣を作って子育てをしていて、本来貴重品を保管するところなのに、と悲しくなった…等々、現地の方しか分からない話を伺った。

こんな時でもおもてなしの心は衰えず、手間のかかる佃煮やおかずを持ってきて下さった方も!!愛は不屈でした!!
s-FH000011.jpg s-FH000012.jpg


また、ここでは給食も出ているようです。
s-FH000015.jpg

イベント告知のポスターを眺めていたら、なんと同じ日に、セラピードックの名犬チロリが、別の建物に来ているという情報が!!後で(どのみち予約が少なかったのだから、合間を見て、見に行けばよかった~)とジタバタ。同時に、(ひょっとして予約が少なかったのって、みなさんチロリを見に行ったから?ライバルはチロリ?)とジタバタもし、(チロリに負けたのなら、しょうがないか~)とも。チロリからすれば、ハタ迷惑なファン。青年誌や少年漫画で、強大なライバルや大先輩がアップで出てきて高笑いするシーンがある。私の心象風景もそれに似ていて海原雄山の代わりに、チロリが気のいい笑顔で、ペロリと舌を出している。いつか会おう、チロリ!!
s-FH000016.jpg s-FH000017.jpg


ここが集会所。車椅子可の広いトイレと、ミニキッチン、20畳程のじゅうたん敷きの部屋。物置代わりの和室があり機能的。
s-FH000019.jpg

工場を誘致しようとしていた広大な更地が仮設住宅で埋め尽くされている。この駐車場の周りの景色は、ほとんど360°仮設住宅や関連する設備。広い更地があって、すぐに沢山建てられて良かった反面、普通の民家やお店等はとても離れていて、夜などはとても殺風景。
s-FH000020.jpg

ゴミ捨て場。マナーは良く、互いに気を付け合っているのが分り、サワヤカ!!
s-FH000021.jpg

少ないながらも子供向け遊具がチラホラとある。
s-FH000022.jpg

充電中、または暇なのでフテ寝。又は、スポンサー達への報告用写真。ある方から「不特定多数の人から募金を集めたのなら、現地で自分や自分と分かる物が写っている写真を撮って公表するといいですよ。本当に行ったのだと分かってもらえるように。(ごくまれに、疑う人もいますから)」とのアドバイスを頂き、実践中。
s-FH000025.jpg

自作、レインボーひまわりを置いてきました。
s-FH000028.jpg s-FH000029.jpg

3枚持参し「これがいい」と選んでいただきました。寄贈のつもりですが、行く度、別の絵と交換するのも、飽きなくていいかもしれません。

集会所の一角が健康コーナーになっていて、体重計や血圧計がありました。ここに、頂いた足裏マッサージ器を寄贈。(個人が特定できないように写真をぼかしています)
s-000030.jpg

駐車場に光の柱。希望を感じる。
s-NEC_0219.jpg

簡易ベッドと待合室のチャブ台。
s-NEC_0225.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。