義援金受付中です。仮設住宅に鍼灸師を派遣しませんか?⑤

ボランティア出発前夜までに飛び込んできた恩寵やサポート、インスピレーション、シンクロニシティの数々をエッセイ日記形式でご紹介します。

4月20日UPの記事の続き。全文は、4月20日からスタート

3/24(日)
ある方とお話ししていて「相馬に行くので、募金、またはこの事をクチコミしていただけないか」とお願いしたところ… なんとこの方も別ルートで相馬にボランティアにいかれるとのこと。「リンクしてますね~」と喜びあう。
しかも、(そういうことなら、この方からの募金はないな~)と思っていたら、後日募金箱に2回も!!入れて下さった。
また、この方は、イメージングや引き寄せの達人で、良い事をしようとする時は、有形無形のサポートが来る、とか、しかも豊かに実行できる、ということを沢山伝えてくださるので・・・、今まで自分でも学び、実践していたこととはいえ、心強い。また、この方も、私に語ることで、ますますご自身の心やイメージングが強まっているようにも見える。

3/26(火)
昨日あたりから、ちうねさん(ユダヤ人をナチスから逃すため、限られた時間のギリギリまでビザを書き続けたすごい人)のイメージが。このころ、母子で疎開されている方が「具体的なサポートももちろんだけれど、私達のことを覚えていて下さるだけでも嬉しい。忘れられたり、なかったことにされるのが一番つらい。思い出されるとか、新たに癒されたり、勇気づけられ、再び前を向いて進むことができる。」というお話をしてくださる。

そういえば、社会をよくしたいと願うとき、私の知るイメージングや瞑想で見えない世界に働きかせて引き寄せる。

別の方は、目に見える現実社会に働きかけて実現させたり、社会に理想を伝えてゆく。どちらも素晴らしく、(自分はその中間とか、両立しないな~)と思う。祈りと行動と、両立させえたい。と、つらつら考えていたところに、ちうねさんのイメージと、疎開された方のお言葉。

(これはきっと、ちうねさんが、人助けのために、めいいっぱい書いたように、祈りを込めつつ、書いて書いて書きまくれ!!自分が知りうる事だけでも、愛をもって伝達せよ!!という事なのだ!!今がその時!!今書かずしていつ書くのだ!!)

と暑苦しいまでの高揚感が。そいういえば…、もともと文を書くのは楽しいものの、このボランティアが決まって以来、意欲と実行力が増大している。神話辞典で文章や情報や伝え広めるのを助けて下さる神や女神を探し、助けを求めて祈る。

ある方と、同じころ、同じような祈りをしていたと打ち明け合い、盛り上がる。

あるお店に、品物のサポートをお願いする。手紙を出す。OKかどうかはさておき、結果を占ってみる。
・私自身は、楽しいことを、女性達、集い、人から可愛がられる
・関わる人(お店の人、現地の人、私、ボランティアの仲間)にとっては、みんな仲良く、公明正大に集う。志同じ人達とチームプレー、等々、すごい!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事