スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ間に合います!!花粉症対策、ギリギリのウラ技②

注意

ここでは、命に関わるほどではないけれどわずらわしい症状の軽減法についてのみお伝えしています。
アナフィラキシーショックなどの重症で深刻なアレルギー反応については、専門の方にお問い合わせください。


花粉症とは、簡単に言うと、お体の誤作動、過剰反応の事です。

アレルゲンそのものよりも、体がビックリして騒ぎ立てることにより出てくる症状のほうがご自身にとってはわずらわしく、問題である、ということです。

なぜ、ありふれた物質に、それほどまでに大騒ぎするのかというと… 体や心や頭の使い過ぎで、ささいな事にもビクつくお体になってしまったから、というのが大半です。

ベストコンディションなのに、アナフィラキシーショックが起きるような重篤なアレルギー体質の方は、実はごく少数派なのです

ウラ技 その2
もう一つおすすめなのが、その1に加え、心のデトックスです。

目、鼻、のどの症状は、体から持ち主へ、怒りや悲しみを放置しないでほしい、気付いてほしい、というメッセージである場合があります。それは、明文化すると

・自覚してほしい。(思い出せるにしても忘れているにしても存在に気付いてほしい)
・解放し、癒してほしい。
・一回り成長し、怒りや悲しみを生んでしまった出来事よりも大きな器になってほしい。
・工夫や賢明さによって回避できる物事であれば、上手にかわす技術を学んでほしい。
・できれば、ゆくゆくは自分だけでなく似たタイプの人々を、理解し、癒し、サポートできるようになってほしい。
…等々です。

花粉症だけでなく…、いつまでも治りきらず、かといって悪化もしない風邪、喘息、慢性疲労症候群、軽度のうつなどにもあてはまります。

大人になると、泣いたり怒ったりできる状況がほとんどなくなるので、代わりに慢性病として、心と体がメッセージを送って来る、という事が実に多いのです。

やわらか堂では、鍼灸とカウンセリングで対応させて頂き、多くの方から、ご好評を頂いています。
おすすめです!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。