アンケートと当院からのコメント⑮

ずいぶん間があいてしまいましたが、R・Aさんから頂いたご感想へのコメントです。

③先生の治療スタイルは、心と体の関連性から不調の原因を取り除き、患者と二人三脚で根治に向けてともに頑張りましょう、という姿勢が、珍しいなと思います。


③,④,⑤にかけてのご意見は本当に嬉しいです!!
例えて言えば、通好みのお店のマスターとか大将が、違いの分る客に喜ばれて(自分のこれまでの努力は無駄ではなかったのだ!!)と幸せをかみしめる、そんな気分になります。

店主と顧客、という一線やケジメは守りつつ、心を通わせて互いに高めあうことができて本当に感謝です!!
「やわらか堂さん、ビバ、ブラボー!!」
「ありがとう!!分かって下さる貴女にこそ、ビバ、ブラボー!!」
といつもさわやかにハイになり、お帰りになった後も、部屋中に良い気がみなぎります。

癒しや回復改善の為には、
「こころ、からだ、あたま」をバランスよく高める必要があります。
が・・・、正直言ってチグハグな人が多いことに驚かされます。
まあ、自分だって東洋医学を学んでいなかったら、陥っていたかもしれないのですが・・・例えばこんな感じです。

~こころにばかりの場合~
感情についてのケアばかりしています。トラウマやストレス等のネガティヴな物事をいつまでもむし返しがちです。
又は、むやみやたらなポジティヴ思考とか、言霊ばかりに気を取られてしまいます。
まっとうなやりかたで自体をケアしたりトレーニングをするとか、
頭を使って生活習慣をチェックして改善とか、
健康と自分の症状について学ぶ等のからだとあたまでできることをサボリがちです。

~からだばかりの場合~
ガツガツと鍛えてばかり、またはボディケアのお店に依存したり、渡り歩いてしまいがちです。
せっかく鍛えても、自分の本音を無視しているので、メンタル面が弱く、変化に対応するのが難しい傾向が。
また、知識さえあれば避けられるはずの事柄にはまりこんでしまうことも。

~あたまばかりの場合~
「ネットで、本で、テレビで、ラジオで、新聞では・・・」という枕詞から始まり、とうとう語るものの、全然本人の状態や症状を伝えられない方がいます。
こころとからだがスッキリと抜けている上に、集めた情報も本人のためになっていません。

上記の方には、非常にもったいないと思います。厳しい言い方になりますが「バランス良く感じ考え実践」を怠っていると、あっというまに健康業界のカモになってしまいます。近年の傾向はこんな感じです。

患者やクライアントの現状の過不足を見て見ぬ振りをして、指摘しない。自分で気づくのを待っているわけでもない。良い事だけ言う。そのくせ、恐怖心はあおる。そして「○○すれば治ります」と、サービスや技術、商品のセールスに熱心で、いつまでたっても本物の回復改善には到らない・・・

こういう話をお聞きする度、やりきれない思いになります。

また、(長い目で見て、業界の評判が落ちたら、彼らだって無事ではすまないのに、何をやっているのだろう?)ととても不思議でなりません。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事