問診の敵は擬態語と「普通です」 ②

「普通です」

この言葉もくせものです。正常で元気な状態をお忘れの方が、不健康な現状を当然と思ってしまっている事も。

例えば、胃腸の弱い方が、「普通です」とおっしゃる時、
  • 空腹時まともに動けず、またはイライラし、

  • 食材や調理法等、食べられないものが多すぎ

  • 食事の量にゆうずうがきかない

  • 食後もたれて、ねむく、だるく

  • 通じに問題が多く、栄養を取れないうちに出してしまったり、又は溜めすぎたりする

...内心、(どこが?)と思いつつ、くわしくお聞きします。早く、空腹・満腹を問わず元気で、何でもおいしく量も自在に喜んで口にし、食材の命と栄養をありがたく受け取った後、不要なものはすみやかに出す感覚を取り戻して頂きたいものです。
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事