初の個展にご協力いただきありがとうございました③ ~大まかな個展の収支~ (全3回)

個展の大まかな収支は、気になるところかと思いますので、ご参考までに、ご報告いたします。

予算と収入
・まず、2011年の暮れに絵が2枚売れ、6万円の収入が。
・その時に、ポストカードも20枚売れ、2000円収入。
この6万2000円を手元にしました。そして、
・会期中に絵が1枚売れて3万円、ポストカードが1600円分売れました。
合計9万3600円がプラスです。

そして、今回限りのはっきりした支出は、

・ギャラリー使用料   約42000円
・切手代        約15000円
・額縁や芳名帳、文具等 約 7000円
・ダイレクトメール印刷代 500枚分  約30000円
(片面はフルカラーのコピー、もう片面は黒プラス一色)
(何かとおまけして頂いているので、本当はもう少しかかっているはずだと思いますが)

という訳で、収支はだいだいつりあっていました。

とはいえ、すでに払っている費用もあります。例えば、昨年10月に、つくば産業フェアに出展する際に作ったグッズがあります。
・販売用ハガキ作成   約50000円
(4種類、各500枚ずつ。紙の厚さを変えたので、価格はまちまち)
・販売用エコバック   約 6000円
また、絵やハガキの包装用品等の細々とした物も買ってありました。

また、計算のしようがない出費もあります。
・お誘いの電話で通信費がかかる
・チラシを配るのに交通費、ガソリン代、駐車場代等
・チラシを郵送するのに切手代
・ごぶさたしていたお店に置かせていただくような時は、こちらもなるべくお買い物や飲食をするよう心がける
・花を贈ってくれた方に、その花の写真を送る
・お世話になった方にちょっとした贈り物とかお茶、ランチ等にご招待する
・・・等々、ご縁を強めたり、まごころと感謝を表現するための費用も喜ばしい事ですが、当然かかります。

時間、気力、体力もです。

一方、私のほうも有形無形の贈り物やサポートを沢山いただきました。とても全ては書ききれないのですが・・・
・久しぶりの友人、知人、患者さんとの再会や電話でのおしゃべりがはたせた事
・フラーレンさんに集う心優しく気高い方々と出会えた事
・つくば美術館(アルスホール内)のミュージアムショップにポストカードを置かせていただく幸せなチャンスが!!
・お花、お菓子、美容雑貨、おしゃれな文房具、「小関さんの活動のために役立ててください」と大量の切手等々、たくさんのプレゼント
・何かにつけ紅茶やコーヒー、クッキー等を出して下さるフラーレンさんの優しさ
・ギャラリーなのに指圧でおもてなし、という変わった企画なのに快くOKをいただけた事。
これならばお客様が多い時は絵を楽しんでいただき、少ない時でも東洋医学や鍼灸院へのご質問に丁寧にお答えすることができます
どちらに転んでもありがたい結果が出るなんてすごい事です!!
・チラシを置かせて下さったお店、口コミをして下さった方々の優しさ
・・・等々です。他にも沢山あります。

そして気になる募金箱の結果は?・・・

①私がボランティアで被災地に行くための募金箱はカラでした。
多分、皆さんすでにそれぞれのやり方で復興支援されているのだと思います。

②みんなで創造性を発揮しよう募金には、なんと3000円も!!集まりました。
大きなガラスビンの中に、千円札が3枚も!!豊かです。

新米画家への応援とか、ご来場者様にサービスでさせていただいた指圧に対するチップの意味合いもあったとは思いますが・・・だとしても、赤の他人が創造性を表現する方をあえて選んで寄付してくださったのです。

被害やマイナスを埋め合わせるチャリティももちろん大事ですが、プラスや歓喜を増やすチャリティも必要だと常々思っていたので、この3000円は意味深いものとなりました。

みんなで大切に使わせていただきます。
そして、このブログで、使い道やその時の様子を必ずご報告します。

プロでもアマチュアでも、自分らしく創造し、表現しようとする人には、必ず有形無形のサポートがやってきます。

スポンサー探しには、確かにエネルギーが必要です。うまくいく事もいかない事もあると思います。

でも、世の中を善い事、楽しい事でいっぱいにしたくて、喜んでお金やチャンスを提供して下さる方だって沢山いらっしゃいます。

私にも、皆さんにも、質・量ともに良いサポートがこれからもいっぱいやってきますように!!
そして、人様をサポートさせていただく事もできますように!!
関わった全ての人に感謝です。そして、ご幸福をお祈り申し上げます!!
ありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事