初の個展にご協力いただきありがとうございました ② (全3回)

個展後半のエピソードです。

・ある朝、会場に着いたら、ご芳名帳にいつの間にか沢山のお名前が!!まるで童話「くつ屋の小人」のようでした。フラーレンの絵画教室の生徒さんとそのご父兄の方達でした。
閉館後なのに、再度ギャラリーを開けて下さったフラーレンのオーナーご夫婦に心より御礼申し上げます!!ありがとうございました!!

・アートと障害についてお詳しい(ご専門?)の方から嬉しいお言葉をいただきました!!私が到着する前に、とても長い時間観賞してくださったそうです。
大体こんな内容でした。

素直ですくすくと、まっすぐで、とてもいい。技術とか、上手く見せようとか考えず、これからもどんどん、のびのびと描いていってください。

縄文のエネルギーを感じる。 等々です。

どちらもとても誇らしいお言葉です。
「縄文」の例えが何を意味するのかはよくお聞きできなかったのですが・・・
人間と森羅万象とが今よりももっと仲良しだった時代にとても憧れるので、(少しでも表現できていたのかな?)と幸せに。

・体の弱い奥様をいたわりつつ、リハビリのためどこにでも徒歩で行かれるご夫婦に感動しました。オシドリでした。「○○から徒歩で」にびっくりでした。(私より歩いている!!)

・足が弱く、歩行が難しい方に、「どの絵がお好きですか?」とお聞きしたら、なんと広いスペースの反対側までわざわざ歩いて、指し示してくださいました。
口頭で「向こうのカベの左から何番目」で済ませることもできたはずなのに、あえて、です!!人間力とか心意気を感じました。

・良くなったため、今は鍼灸をお休みされている患者さんが何人もご来場下さいました。「単なる、治療家と患者というだけでなく、人間的なつながりやきずなを感じる」というありがたいお言葉まで!!感激でした!!(鍼灸のほうにも、今度はもっと元気になるために、いらして下さいね!!)

・陶芸をはじめようか、ずっと迷っていた方が、いよいよ決心されたそうです。この個展の目的の一つは「人々にもっと創造性を発揮していただきたい。例えば、鍼灸師が個展をしてもいいじゃないか!!」とアピールする事だったので、大成功です!!他にも「また創作を再開したくなった」とのお声もいただきました。

・これから入院と手術をひかえている方と、そのご身内の方がご来場されました。もともと明るくさわやかな方達とお見受けしましたが、状況が状況だけに、少し固い印象もありました。でも、絵を見て下さった後、足取りも軽く病院に向かわれていて、とてもホッとしました。(少しでも癒しの一助になれていたらいいな、お大事に)と心から祈りました。

お客様にいただいたご感想は・・・
「左半身(右脳?女性性?)が気持ち良くゾクゾクする。あるヒーラーさんにヒーリングを受けた時と同じもの」
「良い気が会場にうずまいている。弱い人ははじかれるかも」
「すごい光を感じる」
「曲線や色や形のエネルギーに色々思い出したり、考えさせられた」
「表現する時に、迷いやためらいが全然ない」
「まっすぐで、のびやか」
「かわいいけれど『あーかわいかった』で終わりではなく、心にしみ入る。余韻がある」
「優しく、癒される」
「ずっといたい」等々でした。

また、「H to O (エイチトゥーオー)」主催の中村信子さんのブログでもご紹介頂きました。とても良い記事で、照れてしまいました。3月30日UPです。よかったらご覧ください。
ライフスタイリスト みーこのウキウキ、ワクワク美人生活

お引き合わせしたいな~と思っていた人達が、丁度ピッタリご来場の事が連続しました。シンクロニシティ!!素晴らしい人間関係を持つ事、その中から相性の良さを見抜く目がある事。お引き合わせできてみんなが喜び、(ほうら、やっぱり!!フッフッフッ)とほくそ笑む事。そういう機会を持たせていただけた事。
全てに感謝です!!関わった全ての人達に、ありがとうございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事