「ドジョウすくうな子供をすくえ」 そして…今こそ着用民族衣装!!(全5話)③

とはいえ、反対運動も良いこと促進運動も、共に良い未来の為に主張しつづける、という点では同じであり、気高い行動です。

このブログにも度々登場の、アルフォンソ10世を思い出します。
彼が生前果たせなかった大きな事が2つあります。

・直系の後継ぎのいなくなった神聖ローマ帝国(ドイツ)の皇帝を目指す。(余談ながら、嬉しいビックリが。今、1300ページもあるクロニック世界全史という本を、あてずっぽうにパッと開いたら、まさにピッタリのページが!!アルフォンソさんありがとう!!)
・イベリア半島からイスラム国家を無くし、キリスト教国家だけにする。

片や北東へ、片や南へ、です。アブハチ取らず、とか、二兎追うものは、という言葉が頭をよぎります。(どっちか一つにしとけばいいのに)と思う人も沢山いるでしょう。

そして、王の晩年はさびしいものでした。お気に入りの後継者に先立たれ、合わない後継ぎに半ば追い出され、味方も少なく、亡くなったそうです。

ここだけ見れば、失敗かもしれません。しかし、

数百年後、レコンキスタが完成し、イスラム国家とは地中海で隔てられ、これ以上争わずにすむようになった事とか、

更に数百年後、スペインが「太陽の沈まぬ国」として繁栄できたのは、やはりアルフォンソ10世のおかげも大きいと思うのです。

ヨーロッパの中枢に対し「西の辺境にこの国あり」とか「東ではなく南に十字軍を向けている、文化も薫る立派なキリスト教国家です」と主張し続けた事が功を奏したと思います。

同様に私達が原発の時代をどのように卒業し、クリーンエネルギーの新世代に至るのか、とても楽しみでワクワクしています。

一人一人が「自分は自分の人生の王であり、女王である」と自覚し、ノブレスオブリージュ精神で行動できたらいいですね。… ④に続く

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事