「凛」創刊!! もしくは伊達直人さんにライバル心

働く女性を応援する、街の情報誌「凛(りん」が9月の創刊に向けて着々と準備を進めています。
二万部発行で、つくば市と筑西を中心とした志高い店に置かれるそうです。

やわらか堂も、コラム等で誌面に参加させて頂く事になりました。ぜひご笑覧下さい。

また、広告主様や置かせて頂けるお店を募集中とのこと。
(詳しくは 株式会社アイ・カンパニー TEL:029-877-3625 まで)

私事ながら、昨年末、伊達直人を名乗った人に、とてもジェラシーを感じていました。誰でも、寝入りばなに、うっかり思い出してしまってはお布団の中でジタバタするネタを持っているものですが、私のダントツは、この名乗った人の偉業です。

( く、くやしい…… 企画力で負けた!! アイディア勝負は平等で、性差も年功序列も無いのに!! 実行するには予算が必要だけど、提案だけなら、無料なのに!! 私は今まで、こんな風に人々の心に光を灯して、善行へと駆りたてるアイディアを出した事があっただろうか? いつか私だって、世の為人の為になるアイディアを出すのだ!! フッフッフ!! まあ、そうは言っても、争いではないのだから、みんなでどんどん良いアイディアを出せばいいか~!! ウン、ウン!! いいぞみんな!! 一緒に楽しく立案、実行しましょう!! )と、思いは楽しい方向へ。

余談ながら、東洋医学的には、この私の心の動きは、まさに肝臓の怒から心臓の喜への移行そのものです。

それにしてもすごいアイディアでした。「ヴィーナスの勝利」の漢(おとこ)もヴィーナスの殿堂入りです。アルフォンソ10世と並び立つ偉人です。マッチョなプロレスラーを、あえて名乗る事で、社会的弱者に関心の薄い男性達の男気を引き出したのですから。普段有名人のアラさがしばかりしている男性ゴシップ誌が、「まだまだ子供達は苦しんでいる!!」と伊達直人さんに呼び掛ける特集を組んでいて、驚きと感動でした。

また、震災後、あれほどチャリティの気運が高まったのは、昨年末、彼が下地を創っておいてくれたからこそだとも言えます。

私も、今後、「凛」さんに記事を書かせて頂く事で、幸せや喜びを広げる一助になろう、とこころに決めました。
ぜひ、ご一読下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事