FC2ブログ

「ガンに鍼灸、東洋医学 ③」

前回からの続きです。なるべく①からご覧ください。

前述の通り、このシリーズでは、
・現時点での見解
・病院に通いながら東洋医学にかかりたい方のご決断の参考になる、西洋医学と東洋医学の併用の可能性や上手な受け方のヒント

に、テーマを絞らせていただきます。
また、ここでいう東洋医学とは、中国医学をもとに、中国はもちろん、日本や韓国に広まってその国に合わせて発展した医学です。薬膳、鍼灸、あん摩マッサージ指圧、漢方薬、吸い玉等を使用した東アジアの伝統医学です。

今回は、患者さんについてです。

ガンはガンでも…患部はどこか?年齢、性別、体力は?どういうライフスタイルか?学生さん、主婦、社会人、仕事や義務の有無、現役か引退か、家事手伝い、ボランティア中…その他、数え切れないほど様々だと思います。
今は大丈夫だけれど予防されたい?それとも危険な状態で、早急に手を打たなくてはいけない?
又は手術や薬、放射線等が上手くいって再発予防がご希望?それともホスピスなどにいらしてもはや完治や長生き、延命はあまり考えず、与えられた残りの日々を穏やかに大切に生きていかれたい?他の病気や怪我、体質等は?…

と…患者さんによって状況は様々です。
更にその上、多様化した選択肢が加わります。最先端で人工的な治療法を求める人もいれば、なるべく自然なやりかたがいいという人も…又は、体力をつけたい時は、自然療法やあまり人工的すぎない技術を選びつつ、ガンそのものに対しては、手術や薬、放射線を使うという人もいらっしゃいます。いかかでしょうか?
ご自身、あるいは大切な人はどういう状況でしょうか?

次回は、東西医学のガンへのアプロ―チの違いについて、ざっと話し言葉で説明します。
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事