スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモンオイルでボケ防止!! 鍼灸でなら何ができるか?!

本業は鍼灸師ながら、ハーブやアロマは大好きで、鍼灸院にも取り入れています。また、土を作るところからハーブを育て、アロマグッズを作っていたので、今回のレモンオイルブームにはとても嬉しくなりました。2月の終わりにメディアに流れ、たった1週間程度で店頭から消えたそうです。もちろん、本当に必要としている人のところにはちゃんと届いて欲しいのですが…

鍼灸用品店に、別の理由で注文したら、入荷は3月末ごろといわれ、慌てて地元のアロマグッズ屋さんに取り置きを頼みました。

東洋医学的に今回のブームを考察すると、レモンにはさわやかで酸っぱい香りがあるので、物事をきちんとしようとする肝臓を助けてくれる可能性があります。肝臓は、季節なら春、人生なら子供時代や青少年時代とも関わりが深いので、シャンとしたり、若い頃を思い出したり、精神的にも回春したりと、色々な意味でぴったりです。風水でも、今年の立春から次の節分までは香りの年なので、これまた歓迎すべきベストタイミングです!!

アロマオイルというかたちで入手できなくても、天然香料にこだわった香水でそれに近いことはできます。やわらか堂の一押しは、Palm Tree さんの「ピュアオードパルファン レモニィ」80ml 3,900円(2010年のカタログ)です!おすすめです!

そして、鍼灸だったら、認知症、俗にいうボケにどう対処するだろう、と考えました。
やはり、東洋医学的に分類して、ふさわしいツボや経絡を使うしかない、と思いました。ざっとまとめると…

きちんと、しゃきっとしたい。正確さを高めたい。ルールを守れるようにしたい。または怒りっぽさを和らげたい、のであれば → 肝臓、胆のうの経絡やツボにアプローチ。味や香りなら“酸”(今回のレモンブームは正にこれですね!!)

はしゃぎすぎ、感情が過度、現実味のないアイディアを乱発、病的な多幸感、またはこれらと反対に、喜びが欠けたり減ったりしての火が消えたようなションボリ、知能の低下、感情がにぶる、のであれば → 心臓、小腸の経絡やツボにアプローチ。味や香りなら“苦”

人の顔色ばかり気にする、人のいいなり、自我が弱すぎ、物事を決める際に優柔不断でさんざん悩んだ挙句「なぜそっちを??」の方を選びがち、であれば → 脾臓、胃の経絡やツボにアプローチ。味や香りなら“甘”

悲しみや不幸に打ちひしがれていつまでも過度にションボリやメソメソ、自分にしか通用しない謎の世界観をつくり、そこにひきこもる、または、なぜか上から目線で、一般的な方法で対応されるのでは満足せず、特別扱いを要求する、自分をチヤホヤさせようとして、自分は変えず、時には他人を変えようとし、操ろうとするのであれば → 肺や大腸の経絡やツボにアプローチ。味や香りなら“辛”

とにかく恐がり、おびえて被害妄想、不可解な恐怖心、恐いことから逃れようとして、もっと大変なことに巻き込まれることをしてしまう、性的なことや排泄等、俗にいう「シモ」の面で弱ったり、だらしなくなるのであれば → 腎臓や膀胱の経絡やツボにアプローチ。味や香りなら“鹹(カン)”味は塩辛いもの、またはバスソルト等で皮膚から効かせる、香りならくつろぎや安心感を増すもの、または精力増強や催淫効果のあるもの
・・・等々でした。

【注意】
臓腑の名は東洋医学用語です。西洋医学の臓器の名と字は同じでも全然別の意味です!!

これだけでなく、気、血、津液等の体内を流れ、めぐりゆくものの問題や、痰、湿等の老廃物を排出できない為に起こるものもありますが、これまた東洋医学的にケアしてゆきます。

ただし、鍼灸の場合、じっとしていられない方へのケアは難しい面があるのが残念です。

けれど、若いうちからの予防ならできます!!得意です!!

これまでも、認知症寸前の老若男女や、知能やメンタルが疲れた方をケアさせていただきました。
・受験生
・過労で頭と心と体が一時に老け込み、論文を仕上げるのか困難だった学者
・ほとんど一人で育児中のママ、または働くママ、休日育児のパパ
・野生に戻りすぎ、本能のまま、人としてのマナーを忘れがちになった虚弱体質の妊婦や更年期中の男女
・全員に見せ場があるように園児達のお遊戯やダンスの並びを決定したいのにまとめられないオーバーワークの保育士
・老老介護中のシニア
・・・等々です。

治験例を思い出す度にお役に立てたことが嬉しく、ワクワクがよみがえります。
そして、今、人間と植物という垣根を越えてレモンや他のハーブにも同業者同士の友情を感じています。

ちなみに、やわらか堂では、メンタルや知能が疲れた方に人気だったのは、以下のアロマでした。「レモン入荷まで待てない~~!!」という方には、こちらもおすすめです。レモンと違う使い方のものもあるので、お店の方に聞いてくださいね!

バジルとスウィートマジョラムのミックス
フランキンセンス(乳香)
カラムスルート
クラリーセージ
ヤロウ
ミント
ローズマリー
ライムやグレープフルーツなど、酸っぱい香りのカンキツ
香水業界で「グリーンノート」と呼ばれる、草や木などのみどりの香りのほとんど
・・・です。

世界中が幸せな人と良い香りでいっぱいになりますように!!
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。