スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらけ!! 桃の花!! 被災地のひな祭りを応援しましょう!!

色々あった一年も残りあとわずかです。
ピンチをチャンスに変えた人も、とてもそれどころではなかった人も、余力があって、人助けまでできた人も、良いお年をお迎えください!! 2012年を、幸せな年にしましょう!!

さしあたり、3月11日の被災された方々や地域のひな祭りを応援させて頂くのが、今の私の夢です。

この夢は、ある方の体験がもとになっています。

「ひな祭りと、家族の命日が近いので、イベントらしい事はあまりしませんでした。毎年、ひな祭り前には、(今年は少しは祝ってもらえるのかな?ダメなのかな?それとも何か代わりの埋め合わせとか?)と重苦しいムードの中で祈っていたものです。」

色々と切ない話です。

とはいえ、幼少時から、物事を好転させるのがうまかったこの方は、親御さんに「和の行事だから和食にしよう?お寿司食べよう?」と提案。親御さんは苦笑しながらかなえてくださったそうです。

「回転寿司やチェーン店が普及する前の、本格オリジナルお寿司を頂いちゃいましたよ!!」

そして学生時代、家庭教師のアルバイトをしていた時、「娘を合格に導いてくれてありがとう」と、なぜか突然ひな人形を頂いたそうです。

実はそれはお内裏様の権威の象徴である笏を欠いた、アウトレット品だったそうですが、男女同権主義のこの方は、

「日本は、まだまだ男尊女卑なんだからこれくらいで丁度いい!!私にピッタリ!!」

と大喜びでした。

(とはいえ、くれた方の意図をちょっぴり疑ってしまったのも事実、との事でしたが)

「『思いもよらぬ形で、夢がかなっちゃうんだ!!』って学べて、感動でした!!」

この方のエピソードは、後半、ちょっといい話になりましたが、前半は、2月下旬の被災地の女の子達の気持そのものです。

豊かに伝統的にできれば一番ですが、ささやかだとしても、生まれ持った性別が尊重されるべきものである、と自覚できるのは大切な事ではないでしょうか?

健全な女性性を身に付けた女の子達が、美しく育ち、今度はバレンタインを、フルに楽しみます。女性の元気は地域のパワー。復興も早まるのではと、ワクワクしているところです。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。