「ヴィーナスの勝利」 その1

西洋絵画には、「ヴィーナスの凱旋」や、「マルスとヴィーナス」という、定番の題材があります。その根底には、「ヴィーナスの勝利」という思想があります。女性性が誇る美徳、つまり、愛や優しさ美しさ等は(争いや権力指向等といった男性性のマイナス面よりもずっと)楽しくて幸せですばらしい!!という意味です。

「ヴィーナスの凱旋」は、たいてい風景の中にバラや金のリンゴ、白鳥や鳩、蝶、貝殻等の、ヴィーナスといえば、これ、というアトリビュートがたっぷり描かれています。ヴィーナスが、白鳥にひかせる華やかなじぶんの車を御したり、堂々たる姿で腰かけたりしています。
一方、軍神マルスは、武装しています。美しい風景にそぐわないファッションで、地面を歩いたり、ヴィーナスにひざまづいたりしています。

「マルスとヴィーナス」は、たいてい美男美女がくつろいでいる姿で描かれています。二人の違いは・・・軍神マルスが横たわり、熟睡していて、意識がありません。一方、ヴィーナスは、上半身を起こし、目覚めていて、意識が冴えわたっています。
優美でのどかな場面です。マルスが脱いだ兜の中で、鳩が巣籠もりしている、というかわいらしい絵もありました。

まあ、中には・・・(艶っぽい絵を注文したり・・・その上神話にかこつけるなんて、やーねー)と言いたくなるような、オッサン達のスケベ心が垣間見えてしまう作品もありますが・・・

つまり・・・性に振り回される → 情けなさをごまかすために小手先のダブルスタンダードをわざわざ作成 → 長い年月をかけて、息苦しい社会を作ってしまった!!と気付くものの、手遅れ → 色気ある絵を見るためには、神や女神、時には聖書の人物までも、持ち出さなくてはいけない・・・アホな話です。かこつけられたヴィーナスとマルスの苦笑いが目に浮かぶようです。

閑話休題。

「ヴィーナスの勝利」というテーマは、とても素敵で、共感できます。私達にはささやかであれ、大きな事であれ、どの瞬間でも愛を選択し、実践できる自由があります。その決断が、世の中をやわらかくして、その上、自分自身にも幸せを運んでくれる。私や友人知人達のエピソードをシェアリングできて、光栄です!!そして、公言すればするほど、ますます、良い出来事がやってくるので、それらも今から楽しみです!!

「ヴィーナスの勝利」 その2

「ホッとする 男子トイレに おむつ台」
(のぞいた訳では、ありません!!)

山口県山陽小野田市は、男女共同参画に熱心です。毎年、「女と男(ひととひと)の一行詩」という公募で、シリアスなものから、コメディまで、男女平等の願いを込めた詩を募っています。

「ホッとする~」を応募したところ、優秀賞を頂きました。(5000円も賞金を!!)(デリケートな問題だから、選考委員さん達にも、色々思うところがあるかもしれない。選考会会場は、いわば地雷だらけ。。。まずは、委員さん達に、「ホッと」して頂きたいものです)と願って、この言葉を使いました。

実は女性の立場から、男性が協力的だったら嬉しい・・・と述べたつもりでした。でも、更に上をいく、好意的な評を頂きました。あせる新米パパがホッとする様子・・・ひねりが効いている・・・ユーモアがある・・・等々すごいです。まるで自分が、異性の大変さを我が事のように感じたうえで前向きに表現する、素敵な人にでもなったような気がしました。そうありたい!!

「時には、二匹目のドジョウも!!」
上記のエピソードを、「TRINITY」(トリニティ)という雑誌に送ったら、これまた採用されました。(商品券を頂きました!!)
許可を頂いたので、そのまま載せますと・・・

某市が主催する男女平等への思いや男女差別などを詠んだ一行詩に応募したところ、賞をいただきました。男子トイレにオムツ台があるのを見るとホッとする、という内容です。アイディアを練る時、不平等に腹を立てているといい作品にならなかったと思いますが、未来に対する希望や森羅万象への愛にフォーカスした途端、言葉がパーッと花開きました。初めのうちは辛口の風刺にしようかとも思ったのですが、結局は過去を恨み、現在をじわりと責めることになってしまう……と心を切り替えたことが功を奏しました。たくさんの人に真心が伝えられる幸せと、前向きな思考の勝利にうっとりしています。男女間で争う事が重要なのではなく、結局は自分の心の調和が世の中に平和をもたらすのだな、と実感する出来事でした。


著作権について、問い合わせをしたところ、どちらもとても親切で、感謝感激でした!!山陽小野田市市民活動推進課の皆様、TRINITYの皆様、本当にありがとうございました!!

性差については色々と言いたいこともある私ですが・・・
愛と理解と夢を選んだら、2回も、思い出とおこずかいが!!「こっちの方が楽しくて、得だよ」と世界から、ほめて伸ばす教育を受けたようで、いい気分でした。「ヴィーナスの勝利」を確信できました。

ROSE is ROSE is ROSE

冬の間、ヴィーナスのアトリビュートの一つのバラにちなんだシンクロニシティが続きました。丁度、以下のような事について、つらつらと考えていた頃の事でした。
  • ヴィーナスの勝利
  • 同様に、バラをシンボルとする、聖母マリア等、神聖な女性達について
  • 彼女達の表現する女性性について。

  • 女性性のうち、現代女性が苦手とする、「感謝して受け取り、豊かに与える」について。遠慮しすぎと出し惜しみはイコールであり、結局、パッとしない毎日を産んでしまう事について。

  • 遠慮しすぎる理由について。
    (借りを作りたくない)という意固地さ
    (上位の私はいつでも、与える側)という傲慢さ。
    (弱みを見せる事になるかも)という不信感。
    (自分は、親切を受けるに値するだろうか?)という自己評価の低さ、、、、
    等について思いをめぐらせ、自分も他の女性達も、妙な思い込みから解放されて、自由に幸せであるように、と祈り
  • バラのハーブティーを買いそびれ、数か月。あ~飲みたい。
といった事です。

ROSE その1

NY在住で、来日時に来院されるNさんとのやりとりです。なんと、丁度、欲しかった、バラがメインのミックスハーブティーをお土産に頂きました!!生産者のプライドと真心が、未開封でも匂い立つような、高品質のオーガニック商品です。

ティーバッグで、個別包装なのを見たとたん、博愛精神が溢れ出た私は、つい、こんな事を、、、

私)「さっそく、他の患者さん達にも配りまくりますね!!あっ、、、ごめんなさい、、、Nさんは私の為に選んで、買って、運んでくださったのに、この言い方は失礼でした。分ち合いも大切だけど、贈る側をがっかりさせてはいけませんね。まずは、私が楽しく充分に味わうのが先ですよね~~。私としても、自分の喜びを後回しにしすぎだった!!」

Nさん)(いいところでもあるけれど、受け取り下手よね~というニュアンスで)
「先生って、そういうとこありますよね~」

私)「Nさんもね~。お互い、応援してくれる人に恵まれているのに、自分が吸収する前に放出してしまって、エネルギー漏れを起こしているこの感じ、気をつけましょうね!!女性性を思い出して、きれいな受け取りかたを学びましょうね!!まず、私から頂きます!!」

と宣言したのに、結局8割程、自分が飲むより先に配ってしまいました。
(Nさんとの約束、守れなかった!!その上、例えば人から10もらったとしても、もともと持っていた分も加えて、15、別の人にあげちゃうこのアンバランスさ、、、、またやってしまった!!『素直に先に受け取る練習を失敗してしまった!!』)とへこみました。

数日、与える事と受け取る事について、様々なパターンをじっくり考えました。そして、「分ち合いは、好きだからする!!でも、こういう時は、先にありがたく満喫してから!!」と腹が決まった頃、すごい偶然が!!

ROSE その2

その1から数日後のこと、丁度、
クリスマスに、別の友人Mさんから、違う会社のこれまたすばらしいオーガニックローズティーが贈られてきました!!バラを持ち物とするマリア様が一仕事終えた日に届くなんて、縁起がいいし、何より、私にとってはトリ肌もののタイミングです。そして、Mさんからのはグラムでの量り売りタイプで、個別包装ではありません。

つまり、(私の場合ですが、)
配る為に小分けにするよりも先に、自分が飲む為に封を切るのが、自然な流れになります。さすがに今度は先に味わいました。

受け取るトレーニングについて、一回失敗してしまったとしても、世界は何度でもチャンスをくれるんだな~と感動。しかも、より易しいやり方で!!

また、人のこころは根底でつながっているっていうけど、本当だな~。まだ面識の無いNさんとMさんなのに、二人して、私の為にコラボして「目指せ!!受け取り上手」のおけいこを付けてくれたようでした。

Nさん、Mさん、ありがとう!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事