健康とは、夢をかなえる道具の一つです

健康とは、夢をかなえる道具の一つです。

不健康だと、

  • 夢に気付かない、見出せない。低空飛行の毎日をなんとか維持するだけで精一杯


  • ようやく取りかかったとしても実行力や、かなえるための知恵が湧かない。協力してくれそうな人との人間関係もうまく結べず、パッとしない。夢にちなんだ事をしているはずなのに、全然、心が躍らない。誰でも多少は、夢をかなえる際に、あるいはかなった時に発生するわずらわしい事への心配をするものですが、それらがすべて楽に解決すると分かってからも、ぐすぐすと引きのばしがち。


  • チャンスが来ても、それに合わせる体力が無い。


  • 結局、夢がかなわず、自分を過小評価してしまう。それでいて、その夢が消えてしまうことはありません。当然です。可能性がたっぷりだからこそ、抱いた夢や好奇心なのですから。


  • 周りや友人知人の「あなたにならできると思ったのに・・・」といぶかしむ声に、弱々しく笑い、自分でもそう思いつつ、心が先細る…(書いてて、だんだん、暗い気持ちに...)


健康とは、「夢!!実現!!」の強力な味方です。試しに、上の箇条書きを、マイナスはプラスに、プラスはもっと晴れやかに、読み直してみてください!!

希望が湧いてきませんか?

夢の後押しをしてくれる事もある占い

夢の後押しをしてくれる事もある占いとは、知的好奇心がそそられる、おもしろいものだと思います。文化や伝統もつまっていますし。

私も時々、(自分でじっくり考えた後で)参考にします。

ただし!!
私が一番先にチェックするのは「自分の五臓六腑のコンディション」です。

脾胃(ひい・消化器)が弱っているときに、「タフに行動」なんて無理ですし、「人にソフトに接しましょう」と言われても、肝が滞ったり、熱を持っていると、イライラとせっついてしまったり、強引になってしまいがち。

「まず、ケアより始めよ」です。


街で、見るからに、体のケアが必要な人が占いを受けているのを見ると、つい、こんなことを…

占い師さんは、光がさす時期や、開運法も教えてくれるけど…今の状態では、わざわざお金を払って悪いしらせを仕入れた揚句、開運法を実行できない自分に気付くだけかも。

まずは、鍼・灸・指圧・漢方などで、元気になって、アドバイスを実践できるようになってから、たくさん占ってもらったほうが、得だと思いますよ~~。

占い師さんも、占いがいがあると思う。

などと思ってしまいます。

実際、5万円かけて、「あなただけ」のアドバイスをもらったうえで開運旅行に来たのに、あまり実行できていない人に会ったこともありました。もったいない!!

そして、雑誌などにのっているのは大多数の人のための占いです。

特に、星や年等の生まれるつき固定しているものを診断する占いについては、

「あなたの健康状態が良いのなら、又は、まあまあならば」

という枕言葉を付けてから読んで頂くといいと思います。

例えば、髪や肌、婦人科方面のコンディションが悪い時に、

「パートナーとの愛情運は絶好調です!!」と言われてもなぁ・・・

と首をかしげた人も多いと思いますが・・・

良い知らせを素直に納得、実行できて、そうでない事はプラスに変えられるような、体とこころを目指しましょう!!

そうすると、「その時」を診る占い(易、カード、手相など)でも良い答えが増えて、しかもそれを実行できるものだから、楽しくてしょうがない、という好循環が生まれます。ご自身の健康な生命が創り出す幸運がまだまだ沢山あります!!

文部科学大臣賞!!

お仕事で、大きな賞、文部科学大臣賞!!を受賞した患者さんから、嬉しいお言葉を頂きました。まとめると

数年前、このプロジェクトを立ち上げた頃、体調がとても悪かったので毎日のように通い、元気を取り戻した。(注:定休日以外、ほぼ毎日でした。9日間で7回)
鍼灸のおかげ、
みなさんのおかげ
申請していてくれた会社のおかげ!!

との事でした。もちろん、もともと蓄えていた知識や技術、チームワークがあっての事ですが、チームの要であるこの方が、元気になった事で、本来の実力を発揮しやすい状況が生まれたと思います。

夢かなえ鍼灸院としてプライベートな夢をかなえるお手伝いは沢山できていました。そして、それだけではなく公的、社会的な名誉や、ビジネスにも効く!!とあらためて明言して頂いて嬉しかったです!!
貴重な体験談と、ブログに載せる許可をありがとうございました。

スポーツ鍼灸(モータースポーツ編)

モータースポーツをたしなまれる方のお話しです。ベテランなのですが、最近、記録が伸び悩んでいたそうです。技術も経験もつみ上げてきているのに、あと一声、のチャレンジができず、じれったい。しかも、明日練習に行く、というタイミングでのご来院でした。

その日は幸い、お体のメンテナンスの為の、ご利用で、これといって気になる自覚症状がありませんでした。なので、、、「『スポーツ鍼灸の日』にしませんか?腎臓の疲れによって、用心深くなりすぎていて、チャレンジの妨げになっているようです。不必要な恐怖心をやわらげる為の鍼灸はいかがですか?健全な用心深さはちゃんと残るので、大丈夫ですよ。」等のご提案を。
  • 恐怖心や足腰と関係の深い腎臓と
  • 視力や、あらゆるスポーツに必要な身体能力を高める肝臓を
サポートするツボに集中ケアを。五臓のうち、残りの3つにまつわるツボは、今回はあまり触りませんでした。

その結果、、、奥様からお聞きしたところによると「絶好調の頃と同じコンデションになった!!」との事でした。それも、とても楽しみながらだったそうです。

もちろん、これまで、その方が修行を積んできたからこそ、良いタイムが出せるのですが、鍼灸でこころと体をベストコンディションに回復させるお手伝いは出来たと思います。

また、お体のあちこちや、五臓のうちの弱点は助け、長所はさらに伸ばす事で、効率良く練習できたり、試合を楽しんだりできると思います。その結果、記録も伸びると思います。

後に、ご自身から聞いたところによると、「今まで、理性がはたらきすぎて押さえこんでしまい、できなかった事ができるようになった。自己ベストを出せた」とのことでした。良かったです!!

余談ながら、メカ嫌いの私でも、間接的にお役にたてるのだ!!モータースポーツなんて、最も縁のない分野なのに!!人間、どこでどんなふうに、いつのまにか参加しているか分らないなあ、と感無量でした。

鍼灸の効果は、数字で表せるとはかぎらず、鍼灸師がじれったい気持ちになる事も。そんななか、記録という、具体的な数字が向上したというエピソードはとても嬉しいものでした。ご提供と、ブログに使用する許可をありがとうございました!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事