レインボーひまわり 03

作品についてのお問い合わせは、やわらか堂 029-879-0044(こせき)まで

img-Y08183351-0001_convert_20111216184250.jpg

アンケートと当院からのコメント⑰

⑤一人一人の患者さんと向き合い、率直に、それでいて傷つかない感じでお話しながらの治療が、本当にありがたいです。そして、元気になった時に、自分の事のように喜んで下さり、信頼できる先生に出会えたことに感謝しています。


阿是穴(あぜけつ)という言葉があります。大体、阿(ああ)、是(そこそこ、そこが痛いです。又は気持ちいです)、穴(ツボ、またはその部位)という意味です。

鍼とは、不思議なもので、患部に刺すだけで痛みがやわらいでしまうところがあります。

ということは、患者さんの指摘したところに刺すだけで、何の知恵も裏づけも工夫もないのに、そこそこ効いてしまう可能性があるのです。

でも、これでは根本治癒になっていません。場当たり的で再現性がありません。せっかくの東洋の知恵がもったいないです。

じっくりと問診し、弁証論治(その病は一体何なのかをあらゆる仮説の中からしぼりこみ、治療法を確定する)し、磨き上げた技術で実行しておけば、そのプロセスが知恵となり、再発した時すぐ対処できます。
それだけでなく、再発予防のアドバイスもちゃんとできます。

だからこそ、患者さんが元気になった時、自分の事のように喜べるのです。患者さんの喜びと輝きイコール私の、やわらか堂の喜びと輝きです。

ウラ話ですが・・・
阿是穴ばかり使う、患者さんの言いなりの、プロ意識の無い鍼灸師の事を、少しキツイ言い方になりますが、「そこそこ鍼灸師」と呼ぶことも。

「そこそこ」と言われるがままに鍼をして、
当然「そこそこ」しか効かず、
学習しないので、治療家として「そこそこ」にしかなれない・・・
当然、患者さんは、問診、弁証論治、説明をちゃんとしてくれるところに流れてゆく・・・
という、手厳しいダジャレです。(お、おお・・・、恐ろしい・・・、書いていて手が震えてきます・・・)

同業者といつも「そこそこ鍼灸師にはならないように、ちゃんと弁証論治できて、治せるようになろうね!!」と反面教師としたものです。

そして、頂いた③、④、⑤のお言葉は、青雲の志を(時にジタバタしつつも)実践できた何よりのあかしです。ごほうびです!!理解者がちゃんといて下さる、そしてわざわざ言語化して下さり、ブログに転載する許可を下さる・・・本当に感謝です!!

やわらか堂鍼灸院 皆様からのよろこびの声 ⑧ ~腰痛・肩こりだけじゃない?!こんなことにも効く鍼灸~

10月の産業フェアの為に作ったご案内に、少し加筆してお届けします。鍼灸の多岐に渡る効能を感じて頂けたら嬉しいです。

エピソード⑧
女神流!!ビジネスの牙は鍼灸で磨く

「人前に出る為の鍼灸もある、と聞いても、半信半疑でした。でも、深刻な会議や他社との会合がずっと続く週を控えて、試しに受けて納得でした。鍼灸でリラックスする間にシミュレーション。おかげで、全てがうまくいきました。」
「ごくたまに先方がからんできても優しく受け止め、建設的に、互いにメリットになるご提案をして喜ばれました。まるで、『北風と太陽』の太陽でした。週末はさすがにバテたものの、仕事中はずっと表情も、ハートも体力も思考も、ベストコンディションでした。」

「正直、ライバルには秘密にしておきたいやわらか堂です。」

(職人から突然、中間管理職に昇進し、とまどいつつもチャレンジ中の働く女性)


そうなんです!!ヨーロッパの貴族達も、パーティーの成功の為、着替えやメイクと同じ感覚で、
直前にボディケアを受けて臨むそうです!!私達も同じことができますね!!

この方の美顔マッサージ中に出た話は、
「きれいに元気に、前向きなイメージングとか、生命力や成功の気運を高めるとかって、女性ならではのビジネスの下ごしらえですね!!」
「豊かで優雅!!」
「(自分達ばかり得するようにとか、中身の薄いぶ厚いレポートとか、裏工作とは無縁の)女性で良かった!!これぞ女神流!!」等々でした。

いつの日か、世界首脳会議等はマッサージを受けながら、が常識に!!優しい世界になりそうですね!!

この方は、外見だけでなく、どんどん内面が成長されています。ご自身で薄々気付いていたマイナスなパターンを手放すことができています。

仕事仲間のうち、セコい人達が、時にこの方の熱意や誠意をズルく利用する事が多々あったそうです。

いつの間にか手に負えないほどの内容や量を引き受けてしまうことがあったとの事。

内省し、鍼灸で体力をつけ、やわらか堂がご提供させて頂いたカウンセリングやアドバイスから、まさに一を聞いて十学ばれています。

今では、引き受けられる事だけを引き受け、本来別の人や上司がすべき事は、彼らにおまかせしているそうです。

この方に贈らせて頂いた言葉があるのですが、朝晩眺め、アファメーションにして下さっているそうです。

(効果が増すように)と、別の患者さんからいただいたモンサンミシェルのポストカードに記したその言葉に少し解説を加えてお届けします。
※(  )内が、加えた言葉です。

「自分自身の実力について、過大評価する事も、過小評価する事も無く…正当に認識できる人には、ゆるいがない気迫がみなぎっています」

(うぬぼれて、足元をすくわれるとか、いじけてつけこまれてしまうといった事とは無縁になるので)
(また、認識力はそれ自体パワフルなので周りに一目置かれます)

「おかしな人や出来事が、そもそも近付けないようになっています」
(いわゆる、スキの無い状態です)

そうすると……

「自分自身の豊かな生命力を、存分に、楽しみながら、まずは自分の為、次にみんなの為に使えるようになります」

「人生や、世界が遊び場になります。おめでとうございます!!」

患者さんの為に私が頭でひねり出したというよりも、この方の内に既にあったものを、翻訳させて頂いた感じで、この言葉は生まれました。不思議、かつワクワク、そしてさわやかでした。

いつか、「ビジネス鍼灸」という分野を立ち上げるのも、やわらか堂の夢の一つです。





やわらか堂 ポストカード物語 ④

よくみなさまから
「絵はどういう風なきっかけで描かれるんですか?」
とか
「インスピレーションは、どんな風に湧くんですか?」
と聞かれます。

いつの間にか生まれるものもあるのですが、ポストカードになっている分だけでも、思い出せる限り、いきさつや由来を書いてみました。

ご参考になったら幸いです。
ご笑覧下さい。

「光に向かって(ハートシリーズ no 27)」の由来
s-ハートシリーズ27

この絵は…私が心や頭で考えたいきさつだけでなく、この絵自身が生まれたがっていて、私の手を借りて出現した感じがあります。技術や能力以上のものが湧いて出てきた感じで、再現が難しいのです。

私にとっての、当時のいきさつは…以前から、ハートマークが正面顔ばかりなのを不思議に思っていました。(堂々として立派だけど、ハートとは、どこかや誰かに向かう、行動的な面もあるんじゃないかな~)そんな時、男性だけれどソプラノの歌手の方が歌う「翼をください」と聴いて(これだ!!この境地を描きたい!!)と、決心。ペットショップで、鳥たちの羽毛や翼をしつこく観察して、22作目を描きました。この時は、水平に進むハートになりました。次に(あの歌はすてきだけど、歌詞がちょっと現実逃避的なだな~)と思い、もっと気高く、能動的、積極的に聖なるものを求める姿を描きたくなりました。

こうして、2011年2月1日に、このハートシリーズ no 27「光に向かって」が誕生しました。画家が、手元に置きたがる絵、というのがありますが、私にとってはこの絵がそうです。

約1ヵ月後、震災が起きましたが、この絵には私自身、ずいぶん助けられました。(原画は手放さないけれど、みなさんにも見て頂きたい、喜んで頂きたい)と、ポストカードにしました。癒されて下さい!!

義援金受付中です。仮設住宅に鍼灸師を派遣しませんか?⑤

ドキュメント「ボランティア、与える矢先に与えられ」
ボランティア出発前夜までに飛び込んできた恩寵やサポート、インスピレーション、シンクロニシティの数々をエッセイ日記形式でご紹介します


4月20日UPの記事の続き。全文は、4月20日からスタート

3/14(木)
東北の「まっぷる」の割と新しいのが半額で!!

3/16(土)
川名さんが前回のボランティアの様子を教えてくださる。
仙台の友人にTELしたところ、「もし、仙台にも寄れたらぜひ会おう!忙しいけど時間作るよ!!」との事。
別の友人Nさんに宿について調べてもらったところ、Nさんが昨年学会で泊まったホテルがかなり好条件で、安く、しかも仙台の友人Yさんの家の近所で嬉しい偶然にビックリ。
この日私の絵を見に来てくれたOさんが、これまた背中を押して下さる。優しく、楽天的な方(これだけネタがそろったのなら、行きなさいっていう事だな)と決意。その場で、Nさんにネットで早割予約をお願いし、この日のうちに予約完了!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事