FC2ブログ

ガンに鍼灸、東洋医学 ⑩

「ガン治療のための瞑想やイメージ法、洋の東西 西洋編」

やっとここまでこぎつけました~!!
夏から秋にかけてなかなか時間が取れずにいましたが…
ようやく資料がそろったり読み返したりできたので…少し歩を進めることができました。
私の手書き原稿を打ち込んでUPしてくださる方も、お忙しいのに、快く協力して下さいました!!ありがとうございます!!

今回は、西洋医学的なアプローチによる瞑想イメージ法です。

西洋医学は西洋人の気質のうちの好戦的な部分と結びついて発達してゆきました。
(東洋医学の拠り所は幸せ追及です。『福・禄・寿』と手を携えて発達してゆきました)

西洋医学は、もっぱら戦争や軍人のための医学でした。
例えば、看護学を極めて讃えられたナイチンゲールさんも、認められたのは、戦場での死亡率を下げたり、負傷した軍人を早く回復させ、再び戦地に送り込むことに成功したからでした。
決して平和な養老院や孤児院、民間人のための病院でではありませんでした。そういうところでも、似たような改革や努力をした人は多数いらしたと思うのですが…

というわけで、実際の医術もイメージ法も、ウィルスや菌、ガン細胞や腫瘍を敵とみなし、殺したり、除去するものが多いです。イメージ法なら、自分にとって分かりやすい武器や道具で戦い、ガンを殺す、または、ゴミと見なして掃除機等で集めて捨てる、というイメージです。

これは…正直難しい面もあります。
一つは、すでに具合が悪いのに、戦う、などという強気でパワフルなイメージは続けにくいこと。
また、攻撃的な念を体内に持ち込むことで別の病や不調が発生するかもしれないリスク。
また、ストレスやトラウマ、自分や他人と向き合えていないこと等が病因のことも多いのに、それらを無視して対処せず、根本的な問題は何一つ解決していないというタイプの人にとっての現実逃避になり下がってしまうリスク…等があります。

体の持ち主を救おうとする、命や人生や本音からのメッセンジャーとしてのガンの場合…
たとえ、ムリヤリな治療や攻撃的なイメージ法ばかりになってしまうと…
そのガンは消せたとしても…

(この体の持ち主には、この方法では伝わらないのか。それじゃ別のやり方で…)

と言わんばかりに別の場所に転移したり、別の病気になったり、怪我をしたり、人生の他の分野でトラブルが発生したりして、本人に伝えようとします。
メッセンジャーも分かってほしくて、必死なのです。
それはそれはマメに、あの手この手でアピールしてくるのです。

結局のところ持ち主がかたくなに、ガンというメッセンジャーを遠ざけてつぶそうとすればするほど、更に大変なことになりがちです。つまり、まだ本人の本質的なところが癒されてないのに、攻撃的なイメージ法をしてしまうと、不発、または、転移とか事態が悪化するリスクも高いのです。

ということは、つまり…この攻撃的なイメージ法にフィットするのは、
・体力、気力にゆとりがあり、くったくなくハッピーに生きていて問題はないとか、あったとしても
・人生にさほど問題はなくすでに癒したり、円満解決していたり
・ガンはメッセンジャーではなく、単発で発生した病
…という場合に限られてしまいます。正直、こうして書きながら、
(そんな患者さんいるか~?!)とつっこんでしまいそうですが…

いました!!それは、全てではないものの、子供のガン患者です!! もちろん、生まれつき虚弱児とか、劣悪な家庭環境やトラウマ持ちの子もいるとは思いますが…
ベティ・シャインさんというヒーラーは、ヒーリングで施術しつつ、子供たちの素直な心にゲームのように敵を倒すイメージ法を伝え成果を上げていたそうです!! ナルホド!! でした。

ガンに鍼灸、東洋医学 ⑨

「医の神 天候の神から執筆時間のプレゼント!!」

ご来院の方はご存知だと思いますが、やわらか堂の店舗の前にはケヤキの木と花水木の木があります。みどりもピンクの花も紅葉も美しいのですが、正直この時期は落ち葉掃きが大変です。
とはいえ、いつもなら、
(この一枚一枚が大判小判、現代ならお札?思ってがんばろ~!!となるとこの竹ボウキは、さしずめ酉の市(とりの市)の開運熊手、ゴミ袋は七福神とかサンタさんの袋のようなもの。フッフッフッ!!ご利益楽しみ~!!)
と豊かな開運イメージ法を実践しながら、運動にもなり、実際鍼灸院の前もきれいになるというお得感を堪能するのですが…

今回は、ガン治療のための瞑想イメージ法について書きたくてたまらず、モヤモヤしていました。それなら、さっと掃除して書けばいいのに、ダラダラとジレンマのなかで固まっているような感じでした。

それでもなんとか意を決して、車を別のところに、移動させたところ…なんと、突風が吹いてあれよあれよという間に大部分が遠くに飛んでゆき、残りはうまくまとまって、3ヶ所にかたまってくれました。

雨で地面に張り付いた落ち葉をはがしながら広い面積を掃いてゆく疲労や時間や手間は全くかからず…ちりとりをシャベル代わりにサクサクと袋に詰めるだけの作業ですみました。キョトン、ポカン、とする小さな奇跡でした。

その日は、漠然としていた構想を大まかにまとめることができ、翌日はかなり筆が進みました。神様、ありがとうございました!!がんまりま~す!!

ガンに鍼灸、東洋医学 ⑧

「ぴったりの本が書店で!!」

医学書や医療エッセイは高価なので、図書館に助けてもらっていたのですが…往復の時間がもったいなくなり、また(長く借りると他の閲覧希望者の方に申し訳ないな…良著であるほど特に…)(よく借りる本は、いっそ買ってしまいたい、でも高い…)ともやもやしていたところ…

これまた出張のついでに立ち寄ったBookoffで
ケリー・ターナーさんの「がんが自然に治せる生き方」を安く買えました。今でこそ少し出回り始めましたが、そのころ古書店にはあまり出品されない、又は、されてもすぐに買われてしまってあまり並んでいない本なのでした。先述の寺山心一翁さんへのインタビューも載っていて、単に医学にとどまらず、愛や人情、生き方についても書かれた人生の書にもなる本です!!めぐり合わせに感謝でした!!

ガンに鍼灸、東洋医学 ⑦

「筆、走る!!一人のためにがみんなのために!!」

アーティストさん達は、よくこんなことをおっしゃいます。

「もちろん沢山の人に向けて伝えたいけれど…実際の創作中は、あえて具体的なだれか一人のために、ささげてみるつもりで作った方が、結局はみんなが喜ぶ良いものになることもよくある」

これ、本当に分かります。
ある患者さんが集団検診で影が見つかり、要再検査になりました。
幸い精密検査で、(お医者さんとしてはもちろん、断言できないものの)おそらく大丈夫、シリアスなものではなさそう、と分かったそうです!!

この一連の出来事の間、この記事へのモチベーションが更に高まりました。

(より詳しく調べ、より鮮やかに思い出し、その上でまとめ上げたい…この記事の読者さんのためにはもちろんのこと、この常連さんのためにも!!)

また、この方にとってリアリティあふれる役立つ文にするには??
と考えれば、文体にもボキャブラリーにもまとまりが出ます。
なにしろこちらも(古今東西の医学、老若男女のエピソードや見解、まじめに気高く書くか、くだけて俗っぽく書くか…どうしたらいいんだ~!!)と、ジタバタしながらの執筆です。方向性のヒントになる物事は正直ありがたいものです。
影が発覚し、大丈夫と分かるまでの間、悩みぬいたこの方には本当に申し訳ないのですが、背中を押されたようでした。
この方のためにも、この方の出来事を踏まえて、
役立つ、いい内容にしたいものです。

実際、この件以来この記事について調べたり、考察する度に、何か豊かで優しい、広大無辺の愛とか光のようなエネルギーにつながるような気がします。また、美しい音や音楽が連想されたり、湧いて出るようなこともありました。

ガンに鍼灸、東洋医学 ➅

随分お待たせしてしまいましたが・・・
やっと、イメージ療法や瞑想でガンに対応する事、そして、その際の、東西医学それぞれの傾向について書き始めることができました!!

と、その前に・・・
この、ガンについての記事を書くことは、実に様々なやり方でけしかけられたり、応援されているかのようです。
健康の神様、女神様、生命を愛する人々の集合意識(?)等から、
「さあ書け、ほら書け、もっと書け!!」
「フレー!!フレー!!」
と、愛でられつつも叱咤激励されているようです。

口をポカンと開けてしまうようなシンクロニシティもありました。

例を挙げると・・・
「ひょっこりと寺山心一翁さんのCDが!!」
寺山心一翁(てらやましんいちろう)さんは、ガンを自然なやり方で治した人として有名です。エンジニア、コンサルティング会社の社長を経て、ガンを治してからは、チェロ奏者、作家、講演家、フィンドホーンの紹介者等多方面で活躍されて、治療の体験をシェアして下さっています。

前から(この人のチェロをお聴きしたい、生演奏とか、もしあるのならCDでも・・・)と思っていましたが、なかなかチャンスはありませんでした。

でも、このガンの記事の連載をスタートさせた後、降ってわいたようにCDを入手することができました。
健康やアート、精神世界等に興味がある人がひとたびこのCDを買ったなら、なかなか手放さないレアなCDです。

そしてとても薄いパッケージなので、背表紙部分の文字やアーティスト名はとも小さく、普通に棚に立ててあったらとても発見できないものでした。それが、なぜか、誰かが置きっぱなしにでもしたのか、スタッフさんが品出しの途中だったのか、タイトルやアーティスト名が載っている表表紙のほうを上にして、他のCDの上にちょこんと置いてあったのです。

入手場所は自宅から100㎞以上運転してたどり着いた出張先ででした。被災地も通る長距離運転と仕事を終えてから、帰る前に寄り道したBookoffさんで、疲れた目に優しい出現の仕方。しかも280円!!と懐にも優しかったのです!!
古書店によってはまだ1,000円以上しそうなものです。(ちなみに定価は税抜きで2,000円でした)ありがたい出来事でした!!
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事