FC2ブログ

「ガンに鍼灸、東洋医学 ⑤」

前回からの続きです。なるべく①からご覧ください。

前述の通り、このシリーズでは、
・現時点での見解
・病院に通いながら東洋医学にかかりたい方のご決断の参考になる、西洋医学と東洋医学の併用の可能性や上手な受け方のヒント

に、テーマを絞らせていただきます。
また、ここでいう東洋医学とは、中国医学をもとに、中国はもちろん、日本や韓国に広まってその国に合わせて発展した医学です。薬膳、鍼灸、あん摩マッサージ指圧、漢方薬、吸い玉等を使用した東アジアの伝統医学です。

今回は、前回予告した通り、東西医学書の目次や索引について、です。
結論から言うと…分類や命名の仕方はその学問の肝腎要でもあるので、東西両方の医学書の目次や索引をざっと眺めただけでそれぞれの学問の思考回路を大まかに知ることができ、簡単に違いが分かります。

西洋の医学書では、前回と重なりますが、具体的な人体の敵についての病名が多いです。
・菌やウイルス、アレルゲン
・寄生虫
・平均的な数値から外れた検査値があること
・環境汚染や自然のものも含め毒物が体内に入る中毒
・過剰摂取や依存症による中毒
・器質性疾患(器官が変形、変質すること)
…がほとんどです。原因も対策も明快です。例えば、狂犬病の動物に噛まれて、すぐ薬を使えばいいけれど、放っておくと発症し、死に至るような時や、アナフィラキシーショック(ひどいアレルギーによる危機)で生死の境を彷徨うような時には、対処法がシンプルなので、とてもありがたい医学です。薬や機材があればスッキリ解決できる頼もしいものです。スピ―ド勝負にも強いです。

一方で、
・機能性疾患(働きが弱かったり、逆に強すぎること)
・症候群(はっきりと病名はつけられないものの確実に起きている状況や状態。数値にも出ず物質的な変化もあまりないので断言しにくいもの。例えば、月経前症候群⦅PMS⦆なら読んで字のごとく生理前の数値化できない様々な辛さが心身両面で存在する、ということですし、
ストックホルム症候群なら、誘拐されたり何かひどい目にあった人が、なぜか加害者にしがみついたり、時には愛してしまう、という数値化が難しく原因物質も未知の状況です)については、ほんの少しの記述です。原因も対処法も結果も曖昧なままです。

一方東洋の医学書の目次や索引では、とにかく人体はどうなっているのか?というネーミングばかりです。五臓六腑や体の部分のうちいずれか一つ、又は二つくらいが、ああなっている、こうなっている、という記述ばかりです。人間や生命の力、健康が主役です。

例えば…
・心血虚(心⦅しん⦆に血⦅けつ⦆が足りない)とか
・肝気犯胃(ストレスで肝の気があふれて胃を攻撃する)とか
・上熱下寒(上に熱がこもり下が冷え、体内で熱と冷えがバランスをくずしてしまっている)
という状態イコール病名や症候群のようなものです。これを「証」と言います。特定の菌などはなく、あってもあまり気にせずこれこれの条件がそろったら「○○○○証」と決定するので、西洋医学の症候群に近いかもしれません。

臨床では西洋医学の病名がついた患者さんでも東洋医学による分類をして対処します。なので、西洋医学で同じ病名がついた二人の患者さんがいても、東洋医学による見立てで違う体質であれば全然違う方針の漢方薬が出ることもあるのです。

病因もシンプルでナチュラルです。外因、内因、不内外因があります。

自然現象を病因とする場合でも、自然を悪者にするのではなく、人体が弱っていたり、沢山受けてしまって人体に悪影響が出た時だけ、邪と呼びます。外因はこれだけです。
風邪、寒邪、暑邪、湿邪、燥邪、火邪の六つが基本です。六淫(りくいん)と言います。

また、極端な感情も病因として認めていますが、これも、ストレス源を悪者にするというよりは、その感情とセットの臓腑をいたわり強くする方に力を注いでいます。
例えば、腹が立ったら肝をいたわります。怒、喜、憂、悲、思、恐、驚、これを七情と呼び、これが内因です。

また、不内外因(内因でも外因でもないもの、どちらともいえないもの)には、飲食物の質、量、摂る時間の不摂生、活動や休息、睡眠の過不足、房事(性交渉)過多、外傷を受けること、等があります。これらもまた、あくまでも本人の責任とか状態に過ぎません。敵対する相手や物質が具体的に存在するわけではないのです。本人がダメージを受けた時だけ病因としてあつかうということです。

なので…まとめると、
○人工的で敵を倒すのがうまいのが西洋医学です。今、日本で大抵の人が病院でかかれるのはこちらです。
○自然の力や人体の治る力をシステム化し、人間のこころ、からだ、あたまを強化するのがうまいのが東洋医学です。

次回は西洋医学的イメージ療法と東洋医学的イメージ療法の違いについて、です。お楽しみに!!

「ガンに鍼灸、東洋医学 ④」

前回からの続きです。なるべく①からご覧ください。

前述の通り、このシリーズでは、
・現時点での見解
・病院に通いながら東洋医学にかかりたい方のご決断の参考になる、西洋医学と東洋医学の併用の可能性や上手な受け方のヒント

に、テーマを絞らせていただきます。
また、ここでいう東洋医学とは、中国医学をもとに、中国はもちろん、日本や韓国に広まってその国に合わせて発展した医学です。薬膳、鍼灸、あん摩マッサージ指圧、漢方薬、吸い玉等を使用した東アジアの伝統医学です。

今回は、予告の通り、東西医学のガンへのアプロ―チの違いについて、ざっと話し言葉で説明します。

ガンに注目しガンに対してあれこれ働きかけるのが西洋医学です。西洋医学は、もともと、病巣、具体的な菌やウイルス、寄生虫、体内の具体的な物質の過不足を発見しては対処するのが得意です。手術、ワクチン、ある寄生虫に特化した虫下し、ある物質をものすごく細かく分析、分類し、特定してから増やしたり減らしたりする…等々です。

病気を悪者とみなして退治するとか、問題を強引に解決したり、なかったことにしようとするフシがあります。ということは…
「手術はうまくいったのに、お亡くなりに…」とか
「検査結果は良くなったけど、ご本人はヨレヨレ、ボロボロ」とか…
ということが残念ながら起こりがちです。
なので、最近では西洋医学の本家本元の欧米でも…「ガンは時に自然に出てきて、自然に治ることもある」として、あまりいじらず、自然に治ったり、小さくなるのを待つ、という方法を選ぶ国や医者も増えているそうです。

一方…
人体の健やかさに注目し、気や生命力を活気づけ、自力で治る体を作るのが東洋医学です。気や生命力、というと、現代人はつい、とらえどころのないあやふやなもの、と思ってしまいますが、本当はとても細やかに分類されていて、法則も再現性もあります。単になんとなく元気とか、なんとなく不調とか、気分などという安直なものではありません。(もちろん気分も考慮しますが。)

東洋医学にも、もちろん、流行り病や寄生虫への対策とか、具体的な病気、病巣への働きかけという考え方はあるのですが…それよりも…

〇〇という病因によって、五臓六腑や気、血(けつ。血液に近いものの少し違うもの)、津液(しんえき。体液に近いけれど少し違うもの)のバランスが崩れてしまったのならば、バランスを正そうとします。
強い体を作ろう、へっちゃらな体になろう!!
丈夫な五臓六腑、質の良い気血津液でいれば、ちょっとやそっとのことでは病気にならないし、なったとしてもすぐ治る!!

という前提で、臓腑や気血津液の一つ一つを細やかにチェックし、木も見て森も見て全身を見ていきます。
東洋医学は、善良な市民を大切にして、讃えたことにより、悪事を働くものがほとんどいなくなりめでたしめでたし、の治世のような治療と言えるでしょう。

もちろん、東洋医学にも毒出しやデトックスという考え方はあります。

瘀血(おけつ)や邪気を出そうという治療法もあるのですが…単に異物とみなして排除するのではなく、自分の体内で発生したものなのだから、今後発生しずらい体を作りつつ、取り除いていこう、という考え方が強いです。体質改善とセットというわけです。

なんだかいいことづくしのようですが、効きが遅い、とか、緊急時には難しい、という弱点があります。
若者等、進行の早くなりがちな人や早いタイプのガンにどう使用するかは、とてもシリアスな話です。また、…「本人のコンディションはとても良さそうなんだけど…なかなか小さくならないし、検査結果もあまり変わらないし…」とガンが消えるのが遅いことに業を煮やした周りや本人が、あきらめてやめてしまうこともあるでしょう。

また、いくら体にやさしい東洋医学とはいえ、瀉法(しゃほう)という毒出しの治療の時は、バテたり、痛みが強くなることもあります。治療自体少し疲れたり痛かったりもします。
また、悪いなりに安定していた体を内側から動かすので、好転反応として、今までなかった症状までもが出てしまい、驚き慌ててしまうこともあります。一気に毒や老廃物がでるからです。

そうすると、
「体にやさしい東洋医学なのになぜ!?」と思って、がっかりすることもあるでしょう。その際、治療する側がきちんと説明やフォロー、つらさを和らげる施術の追加を適切にできるかどうかが大切になってきます。

いかがでしょうか。東西医学が全く別の医学であり、
一人の患者さんに対して、同時進行はできても混ざることはない理論ということはお分りいただけたでしょうか。

次回は、医学書の目次や索引から分かる東西医学の違いについてUPさせていただきます。

「ガンに鍼灸、東洋医学 ③」

前回からの続きです。なるべく①からご覧ください。

前述の通り、このシリーズでは、
・現時点での見解
・病院に通いながら東洋医学にかかりたい方のご決断の参考になる、西洋医学と東洋医学の併用の可能性や上手な受け方のヒント

に、テーマを絞らせていただきます。
また、ここでいう東洋医学とは、中国医学をもとに、中国はもちろん、日本や韓国に広まってその国に合わせて発展した医学です。薬膳、鍼灸、あん摩マッサージ指圧、漢方薬、吸い玉等を使用した東アジアの伝統医学です。

今回は、患者さんについてです。

ガンはガンでも…患部はどこか?年齢、性別、体力は?どういうライフスタイルか?学生さん、主婦、社会人、仕事や義務の有無、現役か引退か、家事手伝い、ボランティア中…その他、数え切れないほど様々だと思います。
今は大丈夫だけれど予防されたい?それとも危険な状態で、早急に手を打たなくてはいけない?
又は手術や薬、放射線等が上手くいって再発予防がご希望?それともホスピスなどにいらしてもはや完治や長生き、延命はあまり考えず、与えられた残りの日々を穏やかに大切に生きていかれたい?他の病気や怪我、体質等は?…

と…患者さんによって状況は様々です。
更にその上、多様化した選択肢が加わります。最先端で人工的な治療法を求める人もいれば、なるべく自然なやりかたがいいという人も…又は、体力をつけたい時は、自然療法やあまり人工的すぎない技術を選びつつ、ガンそのものに対しては、手術や薬、放射線を使うという人もいらっしゃいます。いかかでしょうか?
ご自身、あるいは大切な人はどういう状況でしょうか?

次回は、東西医学のガンへのアプロ―チの違いについて、ざっと話し言葉で説明します。

「ガンに鍼灸、東洋医学②は番外編」

前回からの続きです。なるべく①からご覧ください!!

前述の通り、このシリーズでは…
・現時点での見解
・病院に通いながら東洋医学にかかりたい方のご決断の参考になる、西洋医学と東洋医学の併用の可能性や上手な受け方のヒント

にテーマを絞らせていただきます。

なのですが、今回は番外編として、ナチュラルな方法だけで取り組みたい人のための内容です。ご了承ください。

人工的な方法よりも、自然な方法を好まれる方もいらっしゃいます。
「自然療法だけでやってゆくのだ!!」という方は、これはもう鍼灸にどんどんかかってください。

鍼灸の良いところは、薬品を使わないので…
病院での検査結果(後述)等を気にしないのであれば、基本的に他のどんな治療法とも相性が良いのです。
もちろん、同じ患者さんに携わる他の自然療法家達と作戦会議をしたり、違う理論のものであっても大まかな方針を合わせたりする努力は必要です。大まかな方針とは…例えば、先に良いもの増やしや元気づけをするのか、あるいは先にデトックス、悪いものを取り除くのか…等です。
これがチグハグだと、効き目が相殺されたり、かえって具合が悪くなったりします。

次号から、東西医学の併用のための内容に戻ります。
…次号に続く。

「ガンに鍼灸、東洋医学①」

「ガンに東洋医学ってどうなんでしょう?」

とよく聞かれます。答えは、

「すごくいいですよ!!大賛成です!!」

ですが…

「私にはどうでしょう?」

とのご質問への答えはとても細かく複雑なものになります。

シンプルな基本ルールなら、もれなく複雑な各論がついてくるからです。

情報過多の時代です。患者さんのご希望、東西それぞれの医学のプロの見解、国のシステム、サポートする人々やその他各種療法家の見解等…考えることは山ほどあります!!しかも、これらひとつひとつの状況がコロコロ変わったりもします!!

なので、このシリーズでは、
・現時点での見解
・病院に通いながら東洋医学にかかりたい方のご決断の参考になる、西洋医学と東洋医学の併用の可能性や上手な受け方のヒント
に、テーマを絞らせていただきます。

とはいえ、ひょっとすると、今後、時代や考え方、技術の変化によって、この内容があてはまらなくなることもあるかもしれません。
また、何事にも例外はあるものです。ここに書かれていない要因や物事が加われば、もちろん話は変わってしまいます。

また…ここで、アレコレ説明したことをあっさりと飛び越える、何か超能力者のような治療家や、奇跡のような生薬、水、土地の気等の話もあります。

個人的には、好奇心でウズウズしてしまいます。
実は、知人が、ゼロ磁場に行き、リウマチが激減したという話を聞いたばかりです。行ってみたいです。

また…小林健先生の本を読むと、目からウロコでありながら、心の奥深くで、(命って本来こういうものだった気がする…)と、うなずかされます。人間が忘れてしまった本来の能力とか、回復力ってスゴイです!!

小林健先生はNY在住で、よく来日もされる、ヒーラーで自然療法家です。鍼灸、漢方、指圧、ヒーリング、食事療法等で、
日本はもちろん、社会的格差の大きなアメリカでも、庶民からセレブまで、様々な立場の人の、様々な病気、怪我を治しています。

お人柄と珍しいエピソードと、命についての知恵がぎっしりつまったエッセイや対談は、とても楽しくためになります。
海外に飛び出した青年の冒険譚として読んでも痛快です。
カテゴリ
プロフィール

やわらか堂

Author:やわらか堂
小関理恵(こせきりえ)
鍼師、灸師、
あん摩マッサージ指圧師

  • 1995年上海中医薬大学
    (WHO指定研修先)にて中国鍼短期研修
  • 1996年東京医療専門学校卒業、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師資格取得
  • ハートと虹色の画家
  • 癒しのライター

最新記事